外国語

  •  
  • 715
  • 6
  • 5
  • Japanese 
Aug 22, 2012 18:35
人は、外国語を勉強するとき、ネイティブでも知らない文法を勉強することがあるかもしれませんね。

知らない文法というのは、うまく説明ができなくて、無意識に使っている文法です。

ということは、外国語の勉強には、簡単でも複雑に教えた文法がたくさんあります。

今日、僕はググルで「他動詞と自動詞を見分け方」を探していました。もちろん、日本語についてはその資料を探そうとしました。

でも、第一のページでは、日本人が英語の他動詞と自動詞を見分け方についての質問を聞いていたリンクが多いです。

ページを見てたら、「えっ?英語で他動詞と自動詞の区別は必要があるか?」と考えっていました。

その後、たぶん全ての外国語を勉強している人も同じだと気づいました。

複雑しすぎるかなと思っています。
When it comes to learning foreign languages, people probably tend to learn grammars that even natives don't know.

What I mean by grammar natives don't know, are things that can't be explained properly and are used subconsciously.

In other words, in the studying of foreign languages, there are a lot of grammar rules that are simple yet taught complicatedly.

Today, I was searching on「他動詞と自動詞を見分け方」 Google. Of course, I was trying to finding such materials relating to Japanese language.

However, on the first page, there are a lot of links whereby Japanese people ask about transitive and intransitive verbs regarding English language.

After I saw it, I thought, "Eh? Is there a need to differentiate between transitive and intransitive verbs in English?".

After that, I realised, it's probably the same for everyone learning foreign languages.

I wonder if we are over complicating it.