台湾代替役(だいたいえき)の軍事訓練(ぐんじくんれん)

  •  
  • 1131
  • 29
  • 4
  • Japanese 
Nov 17, 2012 10:42
10/15から、11/5まで、マークは、台湾の成功嶺という軍事訓練場所に行きました。そこで、3週間ほど訓練をさせられました/受けました。
じゃあ~、何を訓練させられましたか/どんな訓練を受けたのでしょうか?みなさんが、知りたいのなら/皆さんは興味を持っているでしょうから、ここで話しましょう~。

1、「基本教練(基本訓練)」ということをしました。それは、「不動で立つ/気をつけ」と「休め」と「X 向け X」(X は左と右と後の意味です)の、3つ動作を訓練することでした。

2、毎朝6時から、6時5分までの間に、ふとんと蚊帳(かや)を豆腐のようにしてたたみました。

3、それから、多くの「餐廳課(食堂での訓話(くんわ)」を聞いてきました。「餐廳課」というのは、千名ぐらいの代替役が食堂でつまらない演説を聞くことです。ですから、餐廳課の1/2の人は、毎回居眠(いねむ)りをしていました(アハハ)。

4、毎朝6時15分から、6時40分までの間は、3キロのジョギングをしました。

5、その後、「戦闘阿媽操」という「体操」をしました。どうして「戦闘阿媽操」と言いますか?/と言うのかというと、それは、体操の指導者が、60歳ぐらいの女の人だからです。(阿媽は、台湾語の「おおばさん」の意味です)

6、「一つの命令、一つの動作」。これは、次の命令を受けるまで、元の命令の動作をしつづけることです。例えば、食事を終る時に、「机に椅子を前に引く」という命令を受ければ、みんなは、腰を曲げる姿勢をとり、椅子を前に引きます。次の「よし」という命令を受けるまでは、立ちません。

このように厳しい(?)訓練を受けたマークは、3つのことを学びました。
それは、(食堂での訓話中に)ぼんやりしたり、蚊帳と布団をたたんだり、(居眠りしているのを見つけられた時に)目をさましたりすることです。
馬克在10/15到11/5這大約三周的期間內,於台灣成功嶺參與了軍事訓練。
那麼,到底訓練了什麼呢?也許大家想聽聽看吧,那麼就來聊聊吧~。
1、基本教練。這個就是練習「立正」、「稍息」、「向X轉」的動作(X代表左、右、後)。
2、每天早上6點到6點5分,把被子和蚊帳折成豆腐。
3、聽了一堆「餐廳課」。餐廳課指的是一千個役男擠在餐廳內聽無聊的課……。所以每次餐廳課大概都睡了一半的人吧(啊哈哈)。
4、每天早上6點15分到6點40分跑3000。
5、戰鬥阿媽操。為什麼叫做戰鬥阿媽操呢?因為,帶領我們的是一位年約60的女生。
6、一個口令一個動作。這個指的是在下一個口令下達前,要一直維持前一個口令的動作(也是我覺得很蠢的事)。舉例來說,吃飯時,下了「靠板凳」的口令,此時所有人需要彎腰靠板凳(注意,不能起身)。等到下一個口令「好」出來後,才能站起。

在接受了這些嚴厲(?)的訓練後,馬克學會三個東西:
1、發呆(餐廳課時使用)
2、折蚊帳和被子(晨間起床使用)
3、睜眼(被發現打瞌睡時使用)
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app