"Nomi-nication"

  •  
  • 175
  • 0
  • 0
  • English 
Jun 9, 2012 15:30 Culture Japanese Business Japan
I have not written anything in a long time.
I will write about "Nomi-nication"

Nomi-nication is a coined term which is made from Japanese word "飲む(nomu, drink)" and English word "communication".
In this context, "飲む(drink)" means alcohol drinking.

Nomi-nication is to go drinking and communicate with co-workers.

At one time, it is because Nomi-nication was seen "not Morden", "not Western-style" or "one of Japanese bad habit" why Nomi-nication was deprecated.

However, Nomi-nication is seen in neutral point of view.


Nomi-nication has a good point which it enable one talk about what one can not talk in usual day.

It is difficult for us to give a co-worker strong advices when we are sober.

If we are dissatisfied over a co-worker, we have to work with him.
So, we must give him what we think not to break relationship. It is difficult.


Alcohol let us largehearted and to say what we want to say.
Even if a fight occured, in next moring,
"I do not remenber anything in last night!"
"I completely forget what I was telled too!"
a catastrophe is goint to be avoided.

I dump my gripes on my one of co-worker who joined the company in the same year.
I saied "We are engineer ! In engineer's way, a healthy conflict of ideas conduce a good products. However, there is no conflict of ideas between us. Because you don't have any idea!".

If I saied same things when I was sober, then he might punch me.
But, thanks to alcohol function of his semicircular is decreased, so he can not.

In addition, in nomi-nication, we can carry away stress by a moan about our low salary or crying out a words which is be inappropriate under normal social conventions(for English example, the word of four characters starts with 'F").


Of course, there is some bad point in nomi-nication.
The aim of nomi-nication is to make relationship better.

Dumping one's gripes each other, moan, and dirty talk make effect only if we are even.

By contraries, it is uninteresting that we are one-sidedly spined.
In addition, who spin is our boss, it is impossible for us neither to run away or to punch him.


By this reason, I will advice that playing a nomi-nication without who have our pay packet.
飲みニケーション

前回の投稿から大分時間があいてしまいました。
今日は、飲みニケーションについて書こうと思います。

「飲みニケーション」とは、日本語の「飲む(drink)」と英語のcommunicationを合わせた言葉です。
この場合の「飲む」とは、酒を飲むこと。
飲みニケーションとは、会社などの就業後に、社員同士で連れ立って酒を飲みに行き、コミュニケーションをとることです。

一時期、飲みニケーションは、「欧米的ではない」「ダサい」「無意味」「日本の悪習」などとして否定されていました。しかし、最近は、もっと中立的に捉えられているようです。


飲みニケーションには、アルコールの力で、普段は話せない事を言いやすくなるというメリットがあります。

シラフでは同僚に対して、あまり強いことは言えないものです。
不満があったとしても、その同僚とは今後何年も付き合わなくてはならないわけです。
相手との関係を壊さないよう、上手に真意を伝えるのは中々難しいものです。

もちろん、その点、アルコールが入っていると、気が大きくなって言いたい事を言えてしまいます。
また、仮にケンカになってしまったとしても
「いやぁ、昨夜はすっかり泥酔してしまって何を言ったか覚えていないんだー」
「おれも、何を言われたのか、すっかり忘れてしまったよー」
と、決定的な亀裂は避けられるでしょう。

かく言う私も、昨夜、同期入社の某に日常の不満をぶつけました。
「俺たちはエンジニアだろ!?
 エンジニアってのは、お互いの対立しあう意見をぶつけあう事で、良い製品が作るわけじゃないか!
 だが、俺たちの間には、意見の対立が起きない。なぜならお前には意見が無い!」

シラフの時に、面と向かってこれを言ったら、悪くすれば殴り合いになるでしょう。
しかし、互いに三半規管の機能が低下しているので、お互いに立ち上がろうという気にもなりませんでした。

他にも、上司が居ないことをいいことに、給料が低いことへの愚痴を述べる。
社会通念上、普段は発生できない単語を叫ぶ(英語で言えば、Fで始まる4文字の単語でしょうか?)


なお、この飲みニケーションにも欠点があります。
飲みニケーションの目的は、人間関係を良くすることです。
不満をぶつけあうのも、愚痴を言うのも、下ネタを披露するのも、お互い様であるがゆえに、関係が深まるのです。

しかし、一方的に言われるのは面白くもなんともありません。特に、上司や先輩が相手だと、逃げようにも逃げられません。
そんなわけで、飲みニケーションをする時は、専ら自分の給料袋を握っていない相手を誘うことをオススメします。