Journal
 
 
Photo Album

阿白's entry (3)

Post an entry now!
阿白

芥川羅生門からモラルとエゴイズムの矛盾を見る(3)

老婆は自分の行為を弁解して、この死者が生前にもいろいろな悪事をして、しかも自分はそうしないと餓死して、これは仕方ないですと言いました。その言い訳を聞いた後、「下人の心には、ある勇気が生まれて来た。」これは何の勇気でしたか?作者はそういう書いた「それは、さっき門の下で、こ...
  •  
  • 3557
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Jan 11, 2013 01:07
阿白

芥川羅生門からモラルとエゴイズムの矛盾を見る(2)

その時、下人は楼へ上がって、[檜皮色の着物を着た、背の低い、痩せた、白髪頭の、猿のような] 見た目に怖く醜い老婆を見ました。下人は、「六分の恐怖と四分の好奇心とに動かされて、暫時は呼吸をするのさえ忘れていた」という気持ちを持って、はっきり見れば、その老婆は女らしいの死骸...
  •  
  • 1184
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Jan 11, 2013 01:05
阿白

芥川羅生門からモラルとエゴイズムの矛盾を見る(1)

羅生門の内容は主人から暇を出された一人の下人が雨宿りのために羅生門に来て、死体から髪の毛を抜いていた老婆を発見してから、その後一連の感情や考えが変化して、モラルとエゴイズムの戦闘を通して、結局悪人になってしまったというものです。この作品には人性のモテルとエゴイズムの鋭い...
  •  
  • 1488
  • 2
  • 1
  • Japanese 
Jan 11, 2013 01:03