教授へのメールです

  •  
  • 563
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Apr 9, 2015 00:59
○○大学○○教授へ
 突然のメールで申し訳ございません。
 私は○○と申します。去年の6月に中国の広東省の華南師範大学を卒業しました。専門は日本語学部です。先生の研究に興味を持ちますので、先生の研究生になりたいと思います。 
 大学の時から日本古典文学、特に『源氏物語』に格別の興味を持っています。大学三回生の時に、交換留学生として日本○○大学に一年間留学し、近代文学と国文学を選修し始めました。そして、古典文学のゼミに入り、『源氏物語』を中心に研究するうちに、『源氏物語』に対する理解を深めました。桐壺帝がどんな人物なのかという問題を持ちながら、『源氏物語』とその相関の資料を読み、「桐壺帝の人物像」というテーマに絞って一年間研究し、卒業論文を書きました。ただ、一年の時間だけでまだまだ古典文学の世界への認識が足りないので、本格的に大学院生として勉強していくという願望が強くなりました。
言語能力の面として、私は自分の日本語の能力に対して自信を持っています。日本語では国際日本語能力試験に合格して、139点を取りました。大学での専攻は日本語ですが、英語も勉強し続けています。トイックの得点は825です。研究成果としての卒業論文は本校の指導先生に格別なテーマと内容だと好評ました。 そして、生活の面として、一年間日本に住んでいるので、日本のことが大好きになり、留学生活も慣れました。
 今先生との連絡は少し遅いかもしれませんが、できるだけ早く先生にご指導していただきたいと思い、ご連絡を差し上げました。日本の院生制度を調べた後、今年の十月の研究生として先生の元で勉強し、来年の四月の院生受験に受けて、になりたいと思っております。
 もしこの機会を頂ければ、将来の進路も考えました。院生を卒業した後、できれば、博士に進んで更に深く研究できれば最高の夢だと思います。卒業後、中国の大学日本語先生になり、より多くの学生に日本古典文学の美しさと醍醐味を味わせる教育に尽くしたいと思っております。
 最後に、お忙しい所突然にメールを読んでいただいて本当にありがとうございます。研究計画書と卒業論文が用意してあります。先生のご要望次第にお送りしますので、どうかよろしくお願い申し上げます。是非先生の下で研究させて頂ければ、ありがたいと思っております。