Rainy season started

  •  
  • 245
  • 2
  • 2
  • English 
Jun 16, 2012 18:40
The rainy season has started. We'll be having a lot of rain in the next month.

In the old days, Japanese people called the sixth month of the lunar calendar "Minaduki(水無月)". The meaning of each Chinese characters are; 水:water, 無:no, 月:month.
You could take 水無月 means "no water month". It's funny name for the rainy month, isn't it?

There are several theories explaining the origins of the name.
I remember only one of the theories. I liked it the best.
In the old days, Japanese people believed there was a heavenly world in the sky, where countless gods lived. People imagined that it rains so hard at the sixth month of year that there must be few water left in the heavenly world. So people started to call the month "水無月", meaning "the month when no water left in the heaven".

It's facinating how people used their imagination in the old days.
梅雨の時期に入りました。これから一か月間たくさん雨が降ります。

昔、日本人は陰暦の6月のことを「水無月」と呼びました。水無月は「水の無い月」という意味にも取れます。梅雨の月の呼び名としては不思議な名前ですよね。

この呼び名の由来には、いくつか説があります。
私が覚えているのはそのうちの一つだけです。いちばん気に入った説でした。
昔、日本人は空の上には天界があり、そこには数えきれないほどの神様が暮らしていると信じていました。毎年6月にたくさん雨が降るので、天界にはほとんど水が残らないのではないかと想像したのです。そうして、「天に水が無い月」と言う意味でこの月を「水無月」と呼ぶようになりました。

昔の人の空想って面白いですよね。