今まで人生における「挑戦」経験について(エントリシートーですが、多分長すぎかも知れませんので、添削お願いします)

  •  
  • 1450
  • 5
  • 4
  • Japanese 
Feb 13, 2012 10:54
挑戦してきたことは日本に留学していることです。大学の卒業論文を書くときに、なぜ今の状況になっているかという疑問がずっと脳裏に浮かんでいました。この疑問を解くために、経済史について研究しようと考えました。また、日本の中国経済史に関する研究は世界的にもずっと進んでいるので、自分が未知のことにも強い好奇心を持っていたため、強い気持ちを持ち、両親と相談し、日本に留学することを決めました。また、早稲田大学の本野英一教授は自分の独特の研究方法で、アジア経済史領域の大家と思われ、ぜひ先生の下で勉強しよう考えました。
早く日本語を向上させるため、日本の社会に溶け込めるため、毎日日本の新聞やテレビ、インターネットを見て、日本の文化、習慣など調べ、地元の人たちと接するように心がけました。アルバイト先でも、学校でも、なるべく自分から人と交流するように頑張っています。今、日本人の友達ができ、土地勘もついていきすぐに日本を好きになることができました。
2009年の早稲田文化祭に遊びに行ったとき、自由な校風、歴史の重さを感じまして、ますます憧れになってきした。この夢を叶えるために、まず、一生懸命日本語を勉強します。辞書は必ずカバンの中に入ってあり、分からないことがありましたら、メモを取り、辞書を引いたり、友達か先生に聞いたり、理解するように工夫します。今毎日が新しい日本語を覚えられるのは私の楽しみです。
このように諦めず、いちいち勉強し、早稲田大学に受かりまして、本野先生のあたたかい指導で勉強しています。
学校にはさまざまな国からの留学生がたくさんいますので、自分からいろいろな人との交流をすることを大切にしていきます。交流を通して、国による文化と考え方の違いを感じ、毎日が新しいことを発見し、勉強にもなります。国籍関係なく互いにありのままで接することができ、今できた親友たちは私の一生の宝物です。
留学という挑戦を通じて得た友達や、知識、経験、強い心など、自分の今後の生活、仕事を支えてくれると思います。
Big_en2-f94e3223819fd32ef746d2bb993ffe3d