Near escape

  •  
  • 98
  • 1
  • 2
  • English 
May 8, 2012 15:32
危機一髪だった話をします
I will talk my hairbreadth story.

小学校の時の話です。
This story was at elementary school.

当時、僕の周りではエアガンが流行っていて、よく友達と一緒にそれを使って遊んでいました。
In those days, the air gun was popular around me, and I played with my friends using the air gun.

よく撃ち合いをしていた.
We often shot each other.

友達がエアガンを何気なくいじっていた。
My friend touched his air gun in a casual way.

僕はそのことを別に気にせずにいました。
Then I didn’t note his action.

ところが、突然エアガンが暴発して弾が僕の目けて飛んできた!
By the way, his air gun fired suddenly to my eye.

そして直撃した。
And direct hit!

ではどうして、今無事なのか?
But why is it safe?

その理由は、その時たまたまゴーグルを掛けていたからです。
The reason is simple, I wore the goggles incidentally.

撃ち合いをするときだけはゴーグルを大体掛けていた
I was wearing goggle when only shooting with friends.

なので、その時ゴーグルをかけていたのはほんとに偶然でした。
So, it is just lucky to wear the goggles.

もしも、あの時ゴーグルをしてなかったとしたら、失明していたかもしれない。
If I did not wear the goggles, it might become blind.

今思い出しても恐ろしいです。
I’m afraid of remembering this episode.