In Order to Create New Jobs

  •  
  • 1158
  • 11
  • 4
  • English 
Nov 18, 2012 20:18
If Japanese people like to teach at a public or a private school, they need to obtain a teacher's license. Doctors and nurses must study medical science and put in a lot of professional trainings before getting licensed, because their jobs are directly related to people's lives. Thus, it's necessary to get a national qualification to do a professional job.

I learned that there are 1500 to 2000 licenses in Japan. They are a home-cook specialist, a home-appliances adviser, a tea instructor, a color coordinator, a risk consultant, a residential environment coordinator. Various kinds of specialists are here in Japan, and you can guess their contents of work by their names.

It seems to me that Japanese people create new certifications so as to make new jobs. Do you think it's easier to get an ideal job if you get a license?
日本人が公立や私立の学校で教えたい場合、教員免許を取得しなければなりません。
医者や看護婦は資格を得るまでに、医学を学び実践的な訓練を受けることが義務づけられています。
なぜなら彼らの仕事は直接人命に関わるからです。
このように専門的な仕事をしたければ国家資格が必要です。

日本には、1500から2000の資格が存在するそうです。
家庭料理技能士、家電アドバイザー、ティーインストラクター、カラーコーディネーター、
リスクコンサルタント、住環境コーディネーター。
日本には様々なスペシャリストがいて、それらの名前からどんな仕事内容かだいたいわかると思います。

日本人は新しい資格を作る事で新しい仕事を見つけ出そうとしているのかもしれません。
果して資格を取れば、やりたい仕事ができるのでしょうか?