私は日本語に翻訳してみます。正しい躊躇います。直していただけませんか。お願いします。 ありがとうね (^。^)

  •  
  • 338
  • 0
  • 1
  • Japanese 
May 3, 2012 10:40



❤機構  (~o~) (#^.^#) (ToT)/~~~ 
フッ化物の向上のアルミニウムの情報の勉強は(ギャリソンSposito(サポシト):アルミニウムの環境化学―CAR Press-1989 )
フッ化物イオンの吸収の能力の実験は確認でした。水酸化アルミニウムで、イオンのサイズF-同じイオンOH-の関係インタートレードことです。WT-747の製品は沈降の成分酸化アルミニウムと溶解の違うあるアルミニウムほぼの一より少ないペーハー数です。
  ❤ストレージの方法です。 (^_-) (T_T)/~~~ (^^ゞ
石灰を排除します。水の条件で、石灰を使います。この廃水はフッ化物›1500があります。
治療でした。フッ化物は35-60ppmを残りました。
❤きれい水は下の方法から治療します。ヽ(^。^)ノ 
1. WT-747の混合します。掻き混ぜるの時間は3-5分かかります。
2. また、PHの7.5‐8.5の数があります。
3. アニオン性ポリマー大きな群れの形成を可能にするために(Anionic Polymer solution addition to allow a formation of big flocks)
4. 貯水槽の最後物の沈降ことです。






❤基礎 のアプローチをすることです。
STEP1

フッ化物を含む廃水は、従来で処理しなければならない 
方法:

石灰のPHが10から11までがあります。
攪拌したの時間は10-15分かかります。
アニオン性ポリマー(10-20ppm)はまだ完全に凝集に沈降します。このような方法によって、その範囲内のフッ化物(35-50ppm)の最終濃度に到達することが可能です。フッ化物の残留含有量がこの範囲に既にあれば、この前処理は必要ありません。

STEP2

透明な液体のディストリビューションこと
1.WT-747が追加されます:それはpHを下げることが発生しています。
2.石灰は、pHが7.5から8.5まで追加されます。
 3.アニオン性ポリマー(10ppm)は完全な凝集と沈降を達成するために、追加です。最適なWT-747の投与量は、ラボのテストで定義する必要があります。時々 実験室では、500から1000-1500-2000-3000ppmで、キャリブレーション曲線に報告することによって、同じ手順で、追加することにより行われるフッ化物残留濃度です。このような方法によって、それはより適切な投与量を定義することも可能です


Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app