1. 台湾の祭り

  •  
  • 636
  • 0
  • 2
  • Japanese 
May 15, 2013 00:20
1. 台湾の祭り
もうすぐ来る祭りを紹介したいです。旧暦五月五日は端午節、つまり端午の節句です。台湾人にとってとても重要な日です。この日は多くの家庭で、家のドアに蓬と菖蒲をさします。家庭によって、小さいな虎の子の形をした香包という匂い袋を吊るします。これらは魔よけや厄払いのためです。この日はどこの家庭でも必ず粽を食べます。そして、島内のあちこちらでドラゴンボールレースが行われます。これらも由来があります。戦国時代、愛国心が強い屈原という人います。その人優れた政治家で、詩人でもありました。人民に慕われています。それを妬まれて、悪い人間に陥れられて、国を追われてしまいました。落ち込んでる屈原は川に身を投げしまいました。それを知った楚の国の人々はたくさん舟をだして、屈原の亡骸を捜しながら、魚などに食べられないように、それらを追い払うと、銅鑼や太鼓を打ち鳴らします。また、竹筒に詰めたお米を魚の餌として、川に投げ入れます。屈原をしのんで、いろいろな催しが行うようになりました。銅鑼や太鼓を打ちなおしながら、屈原の亡骸を探し回ったのが今のドラゴンボールレースの始まりとなり、竹筒に詰めた米が今の粽になったそうです。

2.台湾の飲食の特色
  台湾の飲食はと独特な味を守ってるだけではなく、世界各国料理もよくみられることができます。一番特色があるのはやはり夜市です。安くて、本番の味をあべられることがですます。その都市の生活と飲食文化の縮図です。試す価値があります。

3.台湾は果物が有名
台湾の果物が天候の恵みで、いろいろな果物が産まれています。安くておいしいです。そのままで食べるとうまいと思いますけど、でももし機会があれば、パパイアミルクとマンゴーかきこおりをおすすたいです。どちらも夏の人気商品です。絶対見逃せないものです。

4.台湾のお茶の文化
台湾のお茶の葉は高山で栽培しています。空気と水がきれいから、栽培されてるものも質がいいです。特に嘉義と南投で産まれたのは有名です。台湾は日本と同じお茶が大好きな国ですが、台湾では特別な光景があります。そてはどこへ行っても、飲料店がみえることができます。人の好みによって甘さと温度とか調整することが出来ます。とても便利です。

5. 台湾の桐の花まつり
台湾のアブラギリ祭りは3月から五月まで、最初の始まりは苗栗からです。そして、そこに住んでいる人は半分以上客家人です。だからアブラギリ祭りは客家人にとって日本の花見と同じで、大切なイベントです。アブラギリは山を白い染めるいるから、五月の雪という名前もあります。夜になると蛍が見えることが出来ます。とてもロマンジクの雰囲気です。ところが、ここの客家料理も有名です。外国人にとってきっと食べたことがない味です。


6.祭りの美食
戦国時代、愛国心が強い屈原という人います。その人優れた政治家で、詩人でもありました。人民に慕われています。それを妬まれて、悪い人間に陥れられて、国を追われてしまいました。落ち込んでる屈原は川に身を投げしまいました。それを知った楚の国の人々はたくさん舟をだして、屈原の亡骸を捜しながら、魚などに食べられないように、それらを追い払うと、銅鑼や太鼓を打ち鳴らします。また、竹筒に詰めたお米を魚の餌として、川に投げ入れます。屈原をしのんで、いろいろな催しが行うようになりました。銅鑼や太鼓を打ちなおしながら、屈原の亡骸を探し回ったのが今のドラゴンボールレースの始まりとなり、竹筒に詰めた米が今の粽になったそうです。


7.お土産、
台湾のお土産といったら、きっと台中のを紹介したいです。台中はお餅の作りとして有名です。一つの大通りはすべて太陽餅をうっています。皆は自分が老舗だことを強調して、実はもっとも自由路という道にあります。外層の皮は薄くて、何層を重ねています。中の餡は水あめで、ばりばりとして香ばしいです。
そして、客家人とする私は客家の様々の米の加工商品を薦めたいです。これは粄と呼ばれます。日本の餅に似ていますが。最大違うのは餡の中身は香ばしく炒めた材料が入っています。しょっぱいの味は違う体験を与えます。


8.北區國際観光コース
台北の国際観光点はかつて、自然を目指す陽明山を紹介しました。また、当地で特色を持ってる商売とか庶民の下町などを薦めたこともありました。今年は面白い観点から台北の歴史を説明します。かつて名人が待ってる人気があるコーヒー館を通じて、もっと台北の特色を了解できます。
9.南區國際観光コース
 一番古い歴史がある台南を紹介します。ここでは唯美味しいものだけではなく、またいろいろな者が見るには価値があります。だから、テーマにして、美食、古跡、建築などを分けて、台南から出発して南部の魅力を了解します。

10.日本と韓国の食べ物違う
まず、日本と韓国の食文化はちょっと違うところもあります。例えば、日本
マナーでは片手で茶碗を持ち上げて、箸でご飯をたべますけど、韓国では茶碗は置いたまま。スプーンでご飯を食べます。そして、日本の味はあっさりで、ものの盛り方も大切にするそうです。韓国では、おかずがいっぱいあるのは特色です。そして、キムチとして知られてるから、味はそんなにさわやかではないです。

11.日本の文化について気がつかないといけない
   はじめて、北海道へいったとき、きれいだと思った。同時に清潔感が高い。きっと皆責任感も強い打と思います。また、細かいところまでもきになってる民族だ思いますから、だから、付き合いときはマナーは一番大切な打と思います。

12.日本の武士道
   桜が咲いたように精神みたいです。一瞬にきれいに咲いてもらいたいです。長生きより自分の精神を重視されることもっと大切だと思います。

13.台湾は地域を分けないの旅行
近年、台湾を回る旅行がブームになっています。もし五日なら、一日目は台中の日月壇へ行って、美しい風景も見えるし、周りのお寺は台湾の宗教を了解してほしいです。二日目は鹿港へいって、下町の魅力を体験してほしい。三日目は台南へ行って、一文古い歴史を持ってる町をりょうかいしてほしい。四日目は高雄へ行って、港の生活とか食文化とかを見えることが出来ます。最後では、東部へいって、自然によって変われてきた地形をみるから、もっと台湾の異なるところを見えます。

14台湾の宗教
  台湾には実にさまざま宗教があります。この中で信者が多いのは仏教や道教やキリストなどです。台湾の宗教の特徴はなんと言っても、多くの人が民間の神様を信仰しているということです。台湾の民間信仰には数え切れないほど多くの神様がいます。その中でも特に庶民の信仰をあつめているのが海の守り神である媽祖や疫病から守ってくれる神王爺、土地の神様土地公などです。