1.台湾の歴史:

  •  
  • 380
  • 0
  • 3
  • Japanese 
May 13, 2013 00:26
1.台湾の歴史:

台湾の歴史
台湾は小さくても、産業資源はとても豊富です。かつて、日本の植民地でした。国民政府に支配されたこともあります。
。ですから、ここには元から台湾に住んでいた人だけではなくて、大陸から移民した漢人もいっぱいいます。
そして、国際化に従って、新住民という言葉もできました。それと通婚です。それによって、今の多元化の台湾になりました。もう一つ台湾の歴史に関する映画を紹介します。賽德克巴萊といいます。それは日本統治時代に文化の違いから起こった誤解から大変な争いが発生したことに関する映画です。監督は魏德聖です。この映画は歴史から勉強して、互いを思いやりながら、尊重することできれば、誤解も解けると考えて作ったようです。

2.体育の状況
スポーツはいつも盛んにないです。唯人気があるのは野球ですが。何年前、八百長をしたから、ずっと低迷しています。しかし今年の世界野球の試合では前八位にはいまして、韓国チームを勝っていましたから、もう一度民心の熱心を起こして直します。だから、今国内の野球の試合はいつも席が埋まっています。いいことを表します。

3.高速鉄道
高速鉄道の完成は北部と南部の距離を少なくなるから、商売にも、里帰りにもとても便利です。そして観光にもとても役に立つものです。とてもいい建設と思います。

4.台湾のハイテクパーク
昔の総統が提出した十年建設が台湾の産業にうまく製造業にようになりました。その時は会社を作ったら、免税をもらえるという制度があります。つまり十年建設おかけで、今の発展になってようになります。

5.台湾は国外と貿易
日本の免大陸の人民観光を開放したら、
日本に入国時に査証を取得する必要ではありませんし、大陸の人民観光を開放するし、観光業を盛んでいることを通して、台湾の文化と美食がどんどん知られています。

6.台湾の民族の構成
言語によって分けます。台湾語を言う閩南人と客家語を言う客家人。そして歌がうまい原住民です。いまは結婚を通して、新住民を増えてきました。小さい土地から、いろいろな異文化がみえるから、飽きない。

7.台湾の生育率と政府の補助対策
今は少子化ために、今の若者が平均一人が四人お年寄りを養います。だから、政府では生育力アップするために、二個が生まれてから、生育補助を申し入れできます。

8.台湾は中国との関係
お互いに自分の立場があります。今は国民党が管理していますから。国勢の緊張気分もすごし醒めてようになっていきます。そして、観光を開放してから、人民は交流を通して、もっと相手の文化が了解して、だから、きっとそのままに平和を守ってることが出来ます。

9.台湾の政治制度
昔の脅威から、げんろうがとても不自由です。でも、今は自由的に自分の意見を伝えることができます。だから、そんな自由な国家に生まれた私はとてもうれしいと思います。


10.台湾のハイテク産業の状況
台湾は他国に製造するを主な産業にして、近年では自分のブラントを成立して、例えば、htcという携帯のブラントは国外ではどんどん知られています。