Journal
 
 
Photo Album

ozach's entry (101)

Post an entry now!
ozach

高校の紹介 (2) With native lang

高校の紹介 (2) 「Analyse et conduite des système d’exploitation」(農業営業とアナ リシス)は技術的と経済な分析を使った農業企業の観測です。この 課程の目的は管理をよく知って、構想段階や実行段階で責任を持て る...
  •  
  • 421
  • 4
  • 5
  • Japanese 
Oct 14, 2013 05:09
ozach

高校の紹介 (1)

高校の紹介 (1) (校長先生は僕ではありません) 拝啓 私は  XXXと申します。フランスの西にある XXX市の近くのXXXの農業高校の校長 です。 当校は(http://www.XXX.educagri.fr/)農業高校ですが、実際に、一般の高校の...
  •  
  • 534
  • 8
  • 6
  • Japanese 
Oct 1, 2013 06:32
ozach

ヴァカンス

ヴァカンス ヴァカンスのため、そろそろ添削が出来なくなります。悪しからず… 帰りを楽しみしています。
  •  
  • 378
  • 16
  • 3
  • Japanese 
Jul 29, 2013 18:54
ozach

Calligraphy

Calligraphy Twenty years ago, I bought in Japan a calligraphy for my parents. It was written by a Confucian scholar and it is supposed...
  •  
  • 530
  • 13
  • 2
  • Traditional Chinese 
Jul 21, 2013 23:33
ozach

漢文

漢文 20年前、日本で古い能筆を買って,親にあげました。文章の意味は全く知りませんでしたがとにかく字そのものさえ分からなかったので仕方がありませんでした。 数ヶ月前から習字をしているので、先生に一般の字に転写して頂きました。 読める日本人の方いらっしゃるでしょうか?
  •  
  • 892
  • 21
  • 7
  • Japanese 
Jul 21, 2013 23:23
ozach

「左右」についての質問

「左右」についての質問 音表的表記法と象形的表記についての文章で、次の文がありました: 「先進文化 の強さの度合い、右の態度の完成度の違い、また受容者側の文化の段階にも当然左右されるだろう。」 「右の態度」どういう意味ですか? 「左右」を探すと「さゆ...
  •  
  • 707
  • 8
  • 3
  • Japanese 
Jul 18, 2013 19:11
ozach

わたくしと納豆

わたくしと納豆 初めて納豆に出会ったのはよく覚えています。23歳の時、初めて日本に行って、旅行の一部の間ホストファミリーに泊まらせてもらいました。その家族は食べ方が変わっているまでに言えませんでしたが確かに食べ物に気をつけいたのです。朝食として、胚芽米と海苔と…納豆。...
  •  
  • 751
  • 15
  • 7
  • Japanese 
Jul 15, 2013 06:22
ozach

質問

質問 「その自然観を扱う一章には一点の疑念もない日本風土への帰依がある」 疑念もないというのは「帰依」に関わりますか? というのは,フランス語で Dans ce chapitre traitant de la conception de la nature,...
  •  
  • 424
  • 11
  • 1
  • Japanese 
Jun 22, 2013 03:32
ozach

去年の9月からやっている添削の数がとても減りました。一方、仕事で忙しくなったせいですが最近も一つの理由が出来ました。 家は、冬に暖房とお湯を暖めることが薪ストーブのみなので、毎年大量の薪を燃やしますし、ブルターニュでは薪がとても高いですし、更に薪を売っている人たちの大...
  •  
  • 757
  • 23
  • 8
  • Japanese 
May 9, 2013 06:10
ozach

中身が大切 (2)

中身が大切 (2) 男は夜の仕事していたので、一時ぐらいに起き、食べた後で、シッターにいた娘を迎えに行っていた。2人で午後を過ごしてから、六時ちょっと前、妻が戻るまで、もう一回娘をシッターに預けて、遠い仕事場に向かっていた。ほとんど毎日、あの女に出会った広場を行くこと...
  •  
  • 753
  • 15
  • 6
  • Japanese 
Apr 25, 2013 08:06
ozach

中身が大切 (1)

中身が大切 (1) 男は砂場の縁に立っていた女をこっそり睨んでいた。確かに醜い女だったが彼女の醜さは普通ではなかった。とても平たく穏やかな醜であった。顔のどこのところでも下手に出来ていたが酷いと呼ばれる点は一つもなかった。 顎や鼻は正しく大きすぎても、獰猛か恐ろ...
  •  
  • 924
  • 13
  • 4
  • Japanese 
Mar 3, 2013 01:09
ozach

驚き With native lang

驚き 今日、日本語能力試験の結果が手紙で受け取りました。本当は2月の頭からウェブで調べる可能性ありましたが、登録した時に入力したパスワードをなくしたのでそれが出来ませんでした。 ビックリしましたが合格しました。思ったように読解は最低でした(それでは3点だけですべてを...
  •  
  • 623
  • 14
  • 4
  • Japanese 
Mar 1, 2013 09:18
ozach

記事についての質問ー敦賀原発

国の原子力規制委員会が敦賀原発2号機の真下を走る断層が活断層の可能性があると判断したことについて、日本原子力発電は「原子力規制委員会として、まだ正式に結論を取りまとめたわけではないので、現時点でコメントは控えさせていただきたい」と話しています。 敦賀市長“規制委の判断注目...
  •  
  • 560
  • 12
  • 3
  • Japanese 
Dec 16, 2012 05:32
ozach

日本語能力試験

一年まえ、どうやって日本語を勉強したらいいのかと大学の先生と相談しました。日本語能力試験1級を受けるように準備したらいいのではないかアドバイスして頂きました。結局準備する代わりにここで話を書くことになりましたがなんとなく日本語能力試験を受けるつもりが残こりました。一級の代わ...
  •  
  • 1025
  • 15
  • 7
  • Japanese 
Dec 10, 2012 18:56
ozach

苛立たしい男の物語―「文罰」

だんだんと船の話は尽きってきた。洋ちゃんはベッドから立って、僕の肩の上に傾いて、さっきやっていた勉強を見た。 「ええ、漢字を勉強されていますね」 「され…何?」 「漢字を勉強していますね。すご〜いです。頑張っていますね」 本当は日本にいて、日本語を勉...
  •  
  • 944
  • 35
  • 7
  • Japanese 
Nov 9, 2012 07:03
ozach

苛立たしい男の物語ー完璧な女

2時になった。2時1分になっていないで、ドアがノックされた。さすがに日本だ! 席を立ち、ドアを開けた。ちょっと緊張していた。玉井君と鈴木さんが入った。玉井君がお互いに紹介してくれた。 「初めまして、どうぞ宜しくお願いします」 「うん、初めまして、僕もどうぞ宜しく...
  •  
  • 920
  • 21
  • 10
  • Japanese 
Oct 28, 2012 07:46
ozach

苛立たしい男の物語 ー 鈴木洋子

毎日、お昼に、女が多い文学部の近くの生協食堂に行った。そこで、2ー3人の留学生と一緒に食べつつ、回りの女たちを観察していた。そして、ある女に気がついた。彼女はいつも同じグループと一緒にいて、結構そのグループのリーダーだったように見えた。侃々諤々の僕は普段、地味と言ってもいい...
  •  
  • 1003
  • 37
  • 11
  • Japanese 
Oct 21, 2012 08:26
ozach

苛立たしい男物語 ー 焦眉の急

僕は恐々に時計を見た。間に合ってくれても、少なくとも30分を待たなければならなかった。心を静めるために、漢字を勉強することにした。すなわち、それぞれの字に於いて、書き順、訓読みと音読みを勉強してから、その漢字を使った熟語を何回も繰り替えして書き始めた。いつもは没頭しやすいの...
  •  
  • 1056
  • 37
  • 12
  • Japanese 
Sep 29, 2012 06:29
ozach

ひねた優しさ

最近、コメントで、友達は僕が知らなかった「ひねた」という言葉を書いてくれました。意味を調べると正しく使えるかと試してみたくなりました(はとがの使い分けの練習にもなるかもしれません)。 一昨日、車の掃除をしました。毎週一回、子供たちが車の中で食べてますし、怠け者の僕は、...
  •  
  • 1480
  • 10
  • 10
  • Japanese 
Jul 15, 2012 18:41
ozach

男は辛いよ。

刃は皮膚に沈み込み、血が流れた。痛みで男は叫ぶところになった。唇を噛みしめて、自分の刃を振りかざしながら、回りにいた敵を力任せに襲った。男は無情に切った、それとまた考えずに、怪獣のように切ったり、切り込んだりした。暫くしたら、1呼吸を置いて、ぼんやりした。腹が立っていた...
  •  
  • 1003
  • 21
  • 10
  • Japanese 
Jul 14, 2012 21:39