豚にはに種類がある。

  •  
  • 347
  • 12
  • 5
  • Japanese 
Mar 7, 2016 18:12
豚にはに種類がある。
第一種類うは僕のお皿の上で見つかるものだ。繊細なnem
nuong(http://www.taste.com.au/images/recipes/agt/2006/12/14678_l.jpg)
という形、あるいはフランス料理らしいrôti de porc aux pruneaux
http://www.cuisine-annie.com/images/blog/IMG_7956%20recette.JPG
それにブルターニュの庶民的なgalette-saucisse (https://goo.gl/EyxAbR)
色々なレシピがある。少し安いお肉だとしても不満なしだ。

もう一つの種類は僕が車で通勤する時にたまに見かけるものだ。大きいトラックの後ろに込まれて命のただひとつの度に出かけている。
まっすぐ見たほうが安全なのに奴らの不幸そうな表情を見つめないを得ない。なぜなら、僕はその醜い顔を見るたびに、豚がこの最後の旅行を果たす前どんな惨めな生活を送ったかを思い出すからだ。

豚は犬に負けずに社交的で感受性の高い動物だ。それなのに普段コンクリートの格子網育てられ、本能的に必要である土を鼻で掘ることが出来ないし、それに動物の密度が高すぎるのでストレスが たまるので友の尻尾を噛むのだ。 だから、生まれて直ぐに、鎮痛なしに犬歯を釘抜きで短くされ、尻尾も切られる。雄なら、匂いが付く可能性があるので去勢される。それも、もちろん、鎮痛なし。
雌の運命は雄のよりも良くないのだ。生成塾を達したら、受精された後、体よりも少しだけ大きい檻に入れられ全く動くことが出来ない状態だ。 掘ることも出来ず結局檻の柵を噛むしかない。子供が生まれたら、少しだけ大きい檻に入るけれど本能的に必要である子供を舐めたりすることもできない。

つまり雄でも雌でも食肉の豚であることは大変な運命であり、自分の大敵にも願わないのた。

おかげさまで一種類目と二種類目の豚は全く関連はないので僕には二種類目の豚の不幸に責任は全くないのだ。