POLAR Heart Rate Monitor (HRM) and Maffetone Theory

  •  
  • 365
  • 7
  • 1
  • English 
Jun 18, 2012 17:24
Now I'm on a diet and want to lose my weight more than 10 kilograms.
When I want to lose my weight, I will follow the Maffetone Theory and do aerobics exercises.

So I'm now using POLAE Heart Rate Monitor.

My target heart rate would be: 180- (age)=180-50=130
I should control my heart rate between 120-130/beat per minute when I'm cycling and jogging.

The heart rate monitor consists of two parts. The main body is just like a write watch. Another part is the transmitter, which should be attached on your chest (heart).
When I first attached it, I somehow feel that I'm wearing a bra of women, though I had never been wearing any women's bra, of course. ^^

Now I'm using the fourth HRM, which was the most expensive, about 16000 yen.
My first HRM was POLAR basic model, which costed about 5000 yen. It was simple and good, but it couldn't change batteries. So it worked only a couple of years.
My second HRM was other company's product. It costed 12000 yen. The merit of this one was that it let me know if my heart rate was not in the targeted area, by beep sound. It was able to change batteries too. However it broke in the end.
My third HRM was the cheapest, 4980 yen, made in China, without alarm, yet battery-changeable. I lost it.

The model I'm using now is very complicated and I don't use most of its functions.
However the transmitter is very good. There is hydrophilic portion on the transmitter and you can make it wet in advance. Former three types of mine had no such portion. When my skin is dry, the HRMs can't detect my heart rate correctly. Once I sweat and my skin becomes wet, then the HRM can indicate the correct heart rate. So in cold winter when I never sweat, I couldn't use the HRM.

(To be continued, maybe, if you like to know more... ^^) lol
ポラール心拍計とマフェトン理論

今僕はダイエットに入っていて、10kg以上やせようと思っている。
体重を落とすときには、マフェトン理論にしたがったエアロビクス運動を行うことにしている。

なので、僕はポラールの心拍計を使用してるんだ。

僕の目標心拍は、180-年齢=180-50=130
サイクリングするときやジョギングするときは心拍を120-130/minと定めている。

心拍計は2つのパーツから成っていて、本体は腕時計のようなものだ。もう一つはトランスミッターという発信機で、胸部に装着されて電気的な心拍を拾うのだ。
はじめてつけた時は、なぜかしら、女性のブラジャーをつけたような気分になったのを覚えている。(もちろん、本物のブラをつけたことはありませんよ。)

今使っているのは16000円もした4番目の心拍計だ。
最初の心拍計はポラールの一番安いモデルで5000円、心拍を測る機能だけ、電池交換不能、というシロモノだった。十分使えたが、数年で電池切れになってダメになった。
2番目のは、どこかほかの会社のヤツで12000円ぐらいした。これの特長はターゲット心拍からはずれると警告音で教えてくれることだった。電池交換できることも良かったが、結局壊れてしまった。
3番目のは、中国製の一番安いモデルだった。警告音はなかったが、電池交換はできた。

今使ってる心拍計は、いろんな機能がついて複雑すぎて、ほとんどの他の機能は使っていない。
しかしながらトランスミッターは(値段が高いだけのことはあり)大変すばらしい。何が素晴らしいかというと、吸水性の部分があって、あらかじめそこを水でぬらしておけるのだ。今までの3機種にはない特長である。皮膚が渇いていると電気を通さないので、正しく心拍数を検出することができなかったのだ。しばらく運動して汗をかくと、電気を通すようになり、正しく心拍を表示するようになっていた。しかし真冬の寒い時には運動しても汗をかかないので、心拍が正しく表示されなかったのだ。

(続く)(もし、だれかこのテーマについてもっと読みたいというメンバーがいらっしゃたら、のことですが・・・・) lol