Reguration to bicycle

  •  
  • 165
  • 1
  • 1
  • English 
Oct 27, 2011 08:58
In the minnichi daily news in this morning,
( http://mdn.mainichi.jp/mdnnews/news/20111026p2a00m0na016000c.html )
今朝の毎日新聞の記事のなかで、


the article about reguration to cyclists on sidewalks catchd my eyes.
歩道で自転車乗人々に対する規制についての記事に目をひかれました。


These days, many kinds of media than I expected have saied and discussed about this news.
最近、思ったよりも多くのメディアでこのニュースについて報道されたり議論されたりしています。


I wondered it was a important news which was valuable to be picked up depply, since the news was judt about the strength of traffic reguration.
はじめはたかが交通法の規制が厳しくなったくらいで、そこまで取り上げられるほどのニュースかなと思ってたのですが、

Now I can understand easily why they have reported it deeply.
今なら、なぜそんなにも詳しく取り上げあれていたのか、すぐに理解できますね。

Cyclists are troublesome.
自転車利用者はやっかい(厄介)です。

They are thought dangerous when they run on pedestrian sidewalks,
彼らは歩道を走っていれば危険だと思われるけれど、


while they are in danger when they pass on car roads.
車道を通るときは彼らが危険にさらされるのです。


I suppose lots of people who often ride bicycles sympathize these stories as I do.
私がそう思ったように、よく自転車に乗る多くの方はこういった話に共感してくれると思います。


This issue about bicycle is significant since it is really close to our daily life.
この自転車についての問題は私たちの日常生活にとても密接しているもので、重要なことです。


In addition, the increase of the number of ciclists after the Great East Japan Earthquak might be also one of the push of the traffic measures to prevent bicycle accidents on sidewalks.
それに加えて、東日本大震災をきっかけにとした自転車ユーザーの増加もまた、歩道での自転車事故を防ぐための交通規制の後押しのひとつになっているのしょう。


After all, I become so scared when I run by bicycles on car road.
にしても、自転車で車道を走るのはやっぱり怖いですね

Becuase whenever car drivers seem annoyed by cyclists and change car speed into slow unwillingly.
だって、いつもドライバーは迷惑そうに、スピード落としてやってる感をすごく感じるんですよね。

When it is worse,
もっと悪いと、

they do not decrease car car speed at all, altough, taht is a rare case...
全然スピード落としてくれなくてぶつかりそうなときもたま~にあったりする・・・

the best way is to improve paths only for cyclists, but
自転車専用の道路の整備を早急に進めるのが一番だけど、

by the time, we have nothing but corporate with kindness.
それまではお互い思いやりを持って共存していくしかないんでしょうね。