高校の時にした手品。

  •  
  • 219
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Nov 19, 2013 11:29
手品のことは半分ぐらい技術でできているのであるが、(残っている/別の)半は暗示である。例えば、赤いカードを友達に見せて、「これは赤いカード」と言って、秘密を明かさないで青いカードを友達に渡すと、友達は魔法のように見えた。しかし、そのトリックがうまくいくのに、他人が信じるほど暗示するのが上手な必要がある。上手に暗示できないと、その友達はおそらく「嘘をついたじゃないか」というだろう。