兄弟分の妻からのメール

  •  
  • 386
  • 17
  • 3
  • Japanese 
Dec 10, 2013 11:17
兄弟分の妻からのメール



退勤の前に、田中さんと木村さんは、またみんなに飲み会に行って誘いました。

僕は妻がいませんから、もちろん行きますよ。


でも、平野くんは言い逃れていました。

まあ、仕方ないなぁ、

平野くんはそんなに奥さんの尻に敷かれてるそうですね。

平野くんの妻が美人なんですよ

でも、平野くんの妻はそんな飲み会が大嫌いです。



われわれの飴と鞭が我慢できなくて、

平野くんはやっとみんなと居酒屋に行きました。



酒が回った後、平野くんの携帯が鳴いてきました、

みんなが互いに顔を見合わせて、どうしたらよいか分かりませんでした。


平野くんがどこからの勇気を出して、

電話に出て、「みんなと飲んでる、どう。」と言ってから、電話をガチャンと切りました。


みんなは、平野くんがそうしたために、喜んで、一緒に乾杯しました。

平野くんはいっそ電話をオフにしました。



飲み会の後、僕は平野くんのことを心配し始まりました。

平野くんの妻がいったい平野くんにどうやって仕置きしましたかな。

そして、帰ってから、「平野、大丈夫。」と平野くんへメールしました。


すぐに、平野くんからの返事のメールが来ました。

「半澤くん(僕)、幸子ですよ(平野くんの妻)。平野もう寝ました。

お前はいい人だと思ってるから、

あたしの家の向かいの居酒屋に会ってくれて、

あたしとちょっと飲んでもいい。」


前に、僕は何度も平野くんの妻を会うことがありました、

彼女の話されるような目がいつも僕を見そうですよ。

そんなことを思い出すと、ドキドキしてきました、

いいえ、僕はそんなことを考えていることができませんよ。

すぐに電話を切って、寝に行きました。

それでも、目を閉じたのに、

ずっと平野くんの妻のことを考えていました。


一方は自分の兄弟のような平野くんです、

一方は美人のような平野くんの妻です。


何度も新しいメールがくるか探して、

落ち着かない心が我慢して、

そのまま、夜明けまで、やっと寝ることができました。




二日目の朝、よく寝ることができないから、目が赤くなりました。

会社に着てから、平野くんに会うと、心から慌てていてきました。

平野くんの目が同じ赤くなって、顔にまた打たれたように赤くなりました。


平野くんは僕を見ると、僕の肩を叩いていました。

やっばり昨晩のことを知っているかと思っていました。

平野くんは「半澤くん、お前は僕の兄弟なんだ。」と言いました。


それでも、平野くんは僕を付いてくる木村くんと田中くんを無視しました。


これから、

われわれの四人の飲み会が止めました、

平野くんの兄弟分は僕だけがいました。


後、ある飲み会に、

酒が回った平野くんはそっと僕に教えてあげました。


その夜、平野くんは家に帰ってから、

彼の妻が手で顔を殴られた、

でも彼の妻が気を静めませんでした。

平野くんの携帯でわれわれの三人に同じメールを届けました。

後、平野くんの耳をつかんで、窓に寄って、一緒に家の向かいの居酒屋の方を窓から見つめました。

平野くんの妻は、「あなたのそんな兄弟分が、いったいどんなやつなんだか、よく見ろ。」と平野くんに言いました。



僕はそれを聞いてから、汗が出てびっくりしました。

幸いに、その時の僕は落ち着いました、

であければ、

今の頭が痛いのは殴られるんですよ。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app