宇宙探査機が彗星の表面に着陸しました!

  •  
  • 617
  • 18
  • 8
  • Japanese 
Nov 17, 2014 16:17
宇宙探査機が彗星の表面に着陸しました!

その宇宙探査機を造って打ち上げたのはESA(欧州宇宙機関)です。

その彗星は、地球からおよそ510,000,000キロ離れています。時速は、135,000キロです。地球から彗星への移動は10年がかかりました。

以前の宇宙探査機は彗星に当てたことがありますが、着陸しませんでした。ですから、初めて彗星着陸であるわけです!宇宙探査機はフィラエといいます。

フィラエは、彗星の表面に着陸してモリ(銛)で彗星をつかむことになっていましたが、モリが誤作動してしまいました。彗星は重力がきわめて弱いものなので、着陸にはモリを必要とするのです。ですから、フィラエは表面に固定してありません。

フィラエが彗星の表面に当てて弾んで、浮かべていくおそれがありましたが、どうやら安定的に着陸してあるようです。

彗星を解析することで、宇宙の基本的な構造についての知識をたいへん躍進させると思われています。

読んでいただきありがとうございました。
A space probe landed on a comet!

The probe was built and launched by the ESA. (European Space Agency)

The comet is about 510,000,000 kilometres away from Earth. It is moving at 135,000 kph. It took 10 years to get there.

Previous probes have hit comets before, but they didn't land. This means that this is the first ever comet landing! The probe is named Philae.

Philae was supposed to land on the surface of the comet and grab onto it with harpoons but the harpoons malfunctioned. Since comets have very very weak gravity the harpoons are needed to land. So Philae is not fixed to the ground.

There were worries that Philae might hit the comet and bounce off into space but it seems like it is now stably landed.

It is hoped that we can significantly advance our knowledge about the fundamental structure of the universe by analyzing the comet.

Thank you for reading.