脳みその比較的サイズ (1/2) 説明

  •  
  • 15981
  • 1
  • 5
  • Japanese 
Jun 27, 2011 08:07
地球上、一番大きい脳みそを持つ動物は何だと思う?人間だと思うなら、間違いだ。

シロナガスクジラはどうかな。この惑星で最も大きい動物なので、最大の脳みそを持つというのも筋が通っている。だがそれも違う。

実際は脳みそが一番大きいのはマッコウクジラなのだ。彼らはシロナガスクジラに比べると体重は4分の1だけなのに、脳みその重さは3分の1より大きい。それは人間の脳みその5~6倍ぐらいの大きさだ。(人間 1.4kg、マッコウクジラ 8kg、シロナガスクジラ 6kg)

他のすべてが同じならば、マッコウクジラはシロナガスクジラより随分利口な動物であることを示唆している。これは、恐らく、マッコウクジラが積極的に獲物を狩らなければならないからなのだ。それに対して、シロナガスクジラはヒゲクジラ類の一種であり、簡単に言うとオキアミのような大量の食べ物を電気掃除機のように吸い込むだけでよい。その過程ではあまり考える必要がないのだ。

しかし、マッコウクジラは人間より5~6倍の知能があることは、脳みその大きさに従って、極めて可能性が低い。では、脳みその大きさは知能を予測するために価値があるが、明らかに「動物の脳みそがあればあるほど知能がある」とは言えない。その予測の方法は大型動物に有利であり、それゆえ不正確だ。

もっと正確な知能予測方法は脳みその大きさと体重の比率だ。このテストでは人間が高得点を取っている。体重に比べると、人間の脳みそは比較的に大きい。(約2%)。しかし、そのテストも極端な事例には適用できない。象は、賢い動物だと認識されているのに、このテストでは点数が低い得点である。(約0.15%)。最高の比率を取っている動物はトガリネズミだ(約10%)。

つまり、その予測の方法は小型動物に有利なので、不正確だ。

上述の2つの方法が持っている欠点の結果として、科学者がもう一つの方法を作ったのだ。それは脳化指数(のうかしすう)、略称EQ (英語: Encephalization Quotient)という。ちょっと複雑なので、僕は日本語で充分に説明できないけど、簡単に言えば、動物の体重から予測された脳みその大きさと実際の脳みその大きさとの比率だ。

平均の得点は1であり、それ以上を取っている動物は平均より知能があると思われる。得点が高ければ高いほど、知能も高いはずだ。それが本当かどうか分からないけれども、まぁ、その可能性がかなり高いと思う。

結果は次の通り:

人間  7.5
イルカ  5 (バンドウイルカ)
シャチ 3 (オルカ)
チンパンジー 2.4
象  2
鯨 1.8
ゴリラ 1.7
犬 1.2
猫 1.0
羊 0.8
牛 0.6
豚 0.5
ウサギ 0.4
鶏 0.2

(添削で改正しました。誤りが残っていたら、ぜひ教えてくださいね。)

参照:

(1) 「クジラと生きる」という番組   http://goo.gl/rI2K3
(2) 鏡のテスト     http://goo.gl/fpKmP
(3) シーシェパードについての批判   http://goo.gl/J1E42
(4) 脳みその比較的サイズ (1/2) 説明  http://goo.gl/8PG0K
(5) 脳みその比較的サイズ (2/2) 解釈  http://goo.gl/HJPKj
(6) 追加:絶対的な脳みその重量 http://goo.gl/9m1ID




What animal do you think has the largest brain in the world? If you think it is humans, because we are the most intelligent creature, you would be wrong.

What about the blue whale? Since they are the largest animal on the planet, it stands to reason that they would have the largest brains. This is also incorrect.

Actually, the creature with the largest brain is the sperm whale. Although they are only about a quarter of the size of the blue whale, their brains are actually one third larger. A sperm whale’s brain is 5-6 times larger than a human’s.

All else being equal, this suggests that sperm whales are considerably more intelligent than blue whales. This is probably because sperm whales actively hunt their prey, whereas the blue whale does not. Blue whales are baleen whales and basically hoover up large amounts of food, which does not require much intelligence.

It is very unlikely however, that a sperm whale is 5 times more intelligent than a human, as its brain size might suggest. So although brain size is a good predictor of intelligence, clearly you cannot simply say that the larger the brain, the more intelligent the animal. This method of prediction is biased towards larger animals and is therefore inaccurate.

A more accurate predictor of intelligence is the ratio of brain size to body size. Humans score very well in this test, having large brains relative to our body weight (about 2%). This test however also breaks down at the extremes. Elephants, despite being known to be fairly intelligent animals score poorly in this test (about 0.15%) and the highest brain/body ratio found in any animal is the shrew with 10% of its body weight.

In short, this method of prediction is biased towards smaller animals and is therefore inaccurate.

As a result of the failings of the above two approaches, scientists have developed another method known as the “Encephalization Quotient” (“EQ”). It is too complicated for me to describe fully in Japanese, but basically it is the ratio between the actual brain size, and the predicted brain size based on body size.

The average score for all animals is one, and so any animal with a score higher than one should be more intelligent than average. The higher the score, the more intelligent the animal should be.

The results of this test are as follows:

Human 7.5
Bottlenose Dolphin 5
Orca (killer whale) 3
Chimpanzee 2.4
Elephants 2
Whales 1.8
Gorilla 1.7
Dog 1.2
Cat 1.0
Sheep 0.8
Cow 0.6
Pig 0.5
Rabbit 0.4
Chicken 0.2