Apathy 無趣味

  •  
  • 296
  • 3
  • 1
  • Japanese 
May 18, 2015 23:53
大学四年の第一学期がようやく終わって、今は三週間の休みの最中です。
普通ならバイトとかでいろいろ忙しくて、のんびりでこれからの人生のことを考える余裕がないはずです。
ろくな理由もないけどただやけになってしまっただけです。
実は、この前に暇すぎて部屋の掃除した時、一年前の今頃に書いた日記を発見しました。
内容を少し読んでみたら最近でも書いたものかと勘違いしました。
同じ悩み、同じ気持ち、そして同じ自分。
まさかこの一年、私はまったく成長しないではないでしょうね。
で、何かをしようとしたが、その何かが一体何だろうとまた迷っています。
私は困るときにいつも本から答えを探すことにしています。
今回も同じです。
驚いたことに、小説「Adultério」の主人公、リンダに強く共感しました。
この話は私のストーリーではないかと、強く共感しました。
p/s:重要な話は2回繰り返しなければなりません(笑)
誰から見ても幸せな人生を送るリンダは実際人生に対して情熱をなくなってしまいました。
最初はまだ現状に文句くらい出るけど、そのうち文句も言わなくなり、何もかも無趣味になってしまいました。
結局リンダは答えを探したが、私はまだです。
でも、ちゃんと頑張りますから。