28歳のブルックリン女性は3年間母親の遺体と寝たり食べたりしました。

  •  
  • 476
  • 1
  • 4
  • Japanese 
Jul 15, 2015 01:53
チャバスターンという28歳のブルックリンのアパートに住んでいる女性は3年間、母親の遺体の近くに寝たり食べたりしていたらしいです。食事を食べていた時椅子に遺体を置いて寝る時間になった時亡くなった母親の近くに寝ました。スージーロセンシャルという61歳母親の死因はまた調べています。チャバはひきこもった生活をしていたので親族たちは時々、ドアの前に食品を置きました。アパートでガス漏れがあって大家さんはチャバさんの部屋をチェックしたがったがドア開けていただけませんでした。なので、警察を呼んで母親の遺体を発見しました。アパートの中に腰の高さまでゴミの山あって彼女は母親と似ていた黒い衣服をしていました!
私は母と超中良くても絶対にそんなことしません!何で今まで隣人などは何も嗅いでないのだろう?みんなさんどうですか?親と仲良くですか?