Homogeneous Complex

  •  
  • 422
  • 10
  • 3
  • English 
Mar 11, 2018 06:30
When I was surfing the net just now, I came across a controversial topic. Here is the link below.

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6274937

It seems that “Tomokazu Harimoto”, who is still a 14 years-old table tennis player, defeated “Jun Mizutani” and won the All-Japan championship. It’s definitely a great achievement, but the article says that he didn’t shake hands with Mizutani after he won the game, then Japan Table Tennis Association alerted him to behave politely. Actually, many readers checking that article are criticizing him. This might sound reasonable, but the situation seems terrible to me. I’ve seen the live video, and found out that he first rushed to his father to hug each other with joy, then he did shake hands with Mizutani soon after that. What a prejudiced article and short-tempered reactions. If we make an argument, we have to focus on what manners in sports should be. He’s also criticized that he’s too loud by shouting when he gets a point. It seems like many Japanese people take it as annoying. I used to belong to a table tennis club when I was in school, and I personally think that revving himself up by shouting doesn’t matter, it’s common in table tennis as a positive attitude. Japanese people prefer “儀”, manners, and “和”, harmony with people, but, we go to extremes sometimes. I mean, we Japanese shut out what’s unfamiliar to us. It can apply to this situation. Worst of all, some readers say they don’t really like him because his parents are Chinese, so he’s not Japanese despite the fact that he has Japanese nationality. What a nasty homogeneous society. Occasionally we see some news of overseas disastrous accidents. What we concern first is if the accident involves in Japanese people same with us. Many Japanese people even feel relief if they hear that there are no Japanese victims. It’s our society.


Japan is an island nation, actually it has been enriching our unique culture and virtues. We should be proud of it. Meanwhile, we should know it’s a shortcoming sometimes. Our world is changing rapidly, nevertheless, the Japanese cabinet keeps having a discussion endlessly about whether or not mere documents exists. We Japanese really like our homogeneous and small world. I hate myself sometimes because I was born as Japanese. I know it’s a wrong idea. Today is 3/11, there are still a lot of arguments of what we should be. What I can say is our world is complicated enough to get us wrong.
先ほどネットで物議を醸しているトピックを見つけました。以下がリンクです。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6274937

張本智和選手、彼はまだ若干14歳の卓球選手なのですが、全日本選手権で水谷隼選手を破り優勝したそうです。間違いなく偉業といえますが、その記事によると、彼は試合に勝った後に水谷選手と握手をせず、卓球協会は彼に対しマナーへの注意喚起をしたそうです。実際に、その記事の読者の多くは彼を批判しています。もっともな話に聞こえますが、実際の状況はひどいものです。その試合の動画を見ましたが、張本選手はまず父親に駆け寄り喜びで抱き合いましたが、その直後に水谷選手と握手をしています。偏向報道と短絡的解釈と言わざるを得ません。議論するとしたら、スポーツ上のマナーはどうあるべきか、というところでしょう。また彼は、点を取った際に雄叫びをあげ、それが煩わしいとして批判もされています。私は学生時代に卓球部に所属していましたが、叫んで自分を鼓舞することは積極的な態度であり、卓球では至って普通のことです、問題にすべきものだとは思えません。日本人は”儀”、そして”和”を重んじますが、時に極端になりがちです。異質に思えるものを排除しようとします。この場合でも言えますが、とんでもないことに、一部の人は彼の両親は中国人であり、日本国籍を持っているにも関わらず日本人ではないから好きじゃないと言及しています。厭われるべき単一民族社会ではないでしょうか。時折、海外の惨事をニュースで目にしますが、我々日本人がまず気にかけるのは、同じ日本人が巻き込まれていないか、です。日本人の犠牲者がいないと聞くとほっとすることさえあります。まさに我々の社会と言えます。


日本は島国であり、それによって独自の文化と美徳を築いてきました。それ自体は誇るべきことです。一方で、時にそれは欠点であることを知るべきでしょう。世界は急速に変化し続けていますが、それにも関わらず、日本の内閣は、単なる文書が存在するのかしないのかで延々と議論しています。我々日本人は本当に均一でありちっぽけな自分たちの世界が好きです。たまにですが、日本人として生まれたことに嫌気が差すことがあります。勘違いであることは知っています。今日は3/11ですが、いまだに多くの議論が起こっています。私が言えるのは、我々の世界は事を踏み外すには十分なほど複雑であるということでしょうか。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app