e-Sports

  •  
  • 284
  • 5
  • 2
  • English 
Apr 10, 2018 12:04
Have you ever heard of e-Sports? I think some people might’ve heard of the name, and others don’t know what it’s like. The definition is very simple. It’s sports on computer games, and some players are professionals who play some games skillfully and get handsome earnings. For many people like me who love computer games, it’s already quite familiar. Many people might not know this, but some games like League of Legends, PUBG, and street fighter series are well-known for game lovers as e-Sports along with their charismatic players. Apparently, it has already gotten popular in countries like the US, China, and South Korea, but it’s uncommon in Japan. The other day, I saw some news that e-Sports is being recognized gradually in Japan, but some Japanese people say that they are skeptical about why e-Sports can be accepted as sports and why professional players earn money just by playing games. This situation is quite similar to criticism about Youtuber. I assume that some people who are doubtful about these matters may work hard, but be not satisfied with their earnings and conditions of employment. I have an understanding of them, at the same time, I think it’s out of point of view. In most cases, value of work defines earnings, and earnings come from multiplication of quality and quantity. It doesn't mean that many people are lazy, it means how irreplaceable their work is. For example, doctors earn a great deal of money with their expertise and sophisticated technique, and musicians earn a great amount of money by entertaining a lot of fans. Considering that point of view, I think e-Sports is just reasonable, because it entertains a number of modern people. I’m afraid to say this, but people who criticize e-Sports by saying “e-Sports is not work, because players are just playing computer games.” are just obstinate. If sports like baseball and soccer had appeared just now, they would say “they are not work, because players are just playing with a ball.” If I try to point it out, e-Sports are a new entertainment, so it could be unpopular depending on the circumstances. Anyway, I’m looking forward to the future of e-Sports as a fan.



Thank you for reading my entry.
皆さんはe-Sportsというものをご存知でしょうか?名前は聞いたことがあるという人、あるいはどんなものか知らないという人もいると思います。その定義は至って簡単で、コンピューターゲーム上で行われる競技であり、その巧みな技術で多額の報酬を稼いでいるプロ選手も存在します。私のようなゲーム好きな人々にとっては、すでになじみ深いものとなっています。知らない方が多いと思いますが、League of LegendsやPUBG、ストリートファイターシリーズはそれらのカリスマプレイヤーと共にゲーム愛好家にはよく知られています。米国や中国、韓国ではすでに人気を博しているようですが、日本ではまだ知名度が高くありません。先日、e-Sportsが徐々に日本でも認知されている、というニュースを見ましたが、いくらかの日本人は、何故e-Sportsがスポーツとして認められるのか、あるいは何故ゲームをプレイするだけでお金が手に入るのか、と懐疑的な姿勢も見せていました。これはユーチューバーに対する批判と非常に似ています。それらを疑問視している人の中には、自身は熱心に働いているが、その労働条件や稼ぎに満足していない、ということもあるかもしれません。それは理解できますが、一方で的外れだとも思います。多くの場合、仕事の価値が報酬を決める、そして報酬とはその質と量の掛け合わせによるものです。決して多くの人は怠け者だと言っているわけではありません。その仕事はどれほど他の人では替えがきかないものなのか、ということです。例えば、医者はその専門知識と技術によって多くの収入を、ミュージシャンは多くのファンを楽しませることで莫大な収入を得ます。そういった観点から見ると、e-Sportsは現代の多くの人々にエンターテイメントを提供している以上、妥当であると思います。いうのが憚られますが、e-Sportsを「コンピューターゲームで遊んでるだけで、仕事とは言えない」という人は頭が固いだけだと思います。もし野球やサッカーなどのスポーツが今になって現れたら、彼らは「ボールで遊んでるだけで、仕事とは言えない」と言うことでしょう。しいて指摘するなら、e-Sportsは新しいエンターテイメントであり、状況によっては人気を失うかもしれません。何にせよ、ファンの一人としてe-Sportsの今後に期待したいと思います。



ご覧いただきありがとうございました。