Assortment of Chocolates

  •  
  • 220
  • 3
  • 2
  • English 
Apr 22, 2019 07:50
When I was a high school student, I would often take a coffee break while studying for a university entrance exam. At the time, I had an assortment of chocolates, and I very often enjoyed some of them. In the box, there was a variety of chocolates, and it was kind of fun for me to choose which one I would have. It's been a long time since I had such experience, and now I recalled it for some reason.

自分が高校生の時、大学受験に向けて勉強していた合間によくコーヒー休憩を挟んでいた。その当時、いろんな種類のチョコレートが入ったアソートボックスを持っていて、コーヒーを飲みつつ、毎日そのうちのいくつかを選んで食べていた。味から形まで様々で、どれを食べようかと考えながら選ぶのが楽しかった。そういった時期からだいぶ時間が経ってしまったが、何となく最近それを思い出した。

I often experience deja vu, but truthfully, there are a lot of analogous things in our life. I realized that assortment of chocolates is like our life experience. There are some reasons why I think this way. The most significant thing is that we have only one chance to “really experience” each of them through our whole life. Even if we have a similar chance, it will have a less impact than the first one. That's because we're mostly impressed by things that we haven’t experienced before. I guess these are especially significant when it comes to the first romantic relationship, the first food you have, or the first moment you achieve something.

自分はよくデジャブを体験するが、人生は似たようなことで溢れている。なんにせよ、当時食べていたチョコレートたちは自分の人生経験のあり方のようなものなんじゃないかと考えた。こう考えるにはいくつか理由があるが、もっとも重大なのは、自分たちはそれぞれの事柄を一度きりしか体験することができないということ。例え似たような体験があったとしても、それは最初のものに比べたらインパクトは薄いだろう。なぜなら私たちは基本的に初めて出会ったものに対して感動を覚えるからである。これは特に、初めての恋愛経験、初めて何かを食べた時、あるいは初めて何かを成し遂げたときといった具合に当てはまる。

In regard to this kind of topic, there are good news and bad news. The bad news is that people often say you should experience as many things as you can, but this is not always right. I heard a psychiatrist told in her book that she often got visits from those who seemingly lived a problem-free life, but said they didn’t want live anymore. According to them, they’ve already experienced significant events like social success, marriage, and childbearing, so their life would gradually decline even if they lived longer. This is like a situation where they had no chocolates to have because they ate up everything. In Japan, celebrities are sometimes arrested by drug use, and I guess this is because they feel something similar.

こういった話についていい知らせと悪い知らせがある。まず悪い知らせだが、人はよくなんでも経験した方がいいというが、決してそれが本当にいいとも限らないということ。以前とある精神科医の元に訪れる患者で、どう聞いても人生を謳歌しているのに死にたい気分だと相談しにくる人たちがいると話していた。彼らがいうに、彼らは社会的成功、結婚、出産など、もうあらゆる人生の重大イベントをこなしてしまって、これ以上生きても人生の下降線を辿るだけだと感じてしまったらしい。いうなら、数ある様々なチョコレートを全部食べ尽くしてしまい、もう食べるものがない、といったところなのかもしれない。日本では有名人が麻薬所持で逮捕されるニュースをたまに耳にするが、その裏側にある理由は似たようなものなんじゃないかと推測する。

And, the good news is that “no experience” is often regarded as a bad thing, but if you look at it in a different way, it’s just lucky. Because you still have an assortment of chocolates you can enjoy having. The thing is how you want to treat with those chocolates.

そして今度はいい知らせだが、「経験がない」というのは大体否定的に捉えられるものだが、それは見方を変えさえすれば幸運なことなのである。それは、あなたにはまだ食べる喜びを楽しめる数々のチョコレートが手元に残っていることを意味するのだから。問題なのは、そのチョコレートたちをどうしたいのかだろう。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app