The Lie and The Truth

  •  
  • 350
  • 25
  • 4
  • English 
Apr 18, 2018 10:57
The other day, a friend of mine talked about psychology in his post, so I’d like to talk about something relating to it too.


There is the Japanese phrase “嘘は常備薬、真実は劇薬(Lie is a household medicine, truth is a powerful drug).” This phrase was said by Hayao Kawai, who was the Commissioner of the Agency for Cultural Affairs, a clinical psychotherapist, and an analytical psychologist of Jungian psychology. I know what it means, because I know all of us more or less tell lies in our daily life, and as for me, I sometimes regret that after I say what seems true to me impulsively, I end up crashing something. I prefer to speak frankly, but mostly, I try to say some things that are neither frank nor lies. I think many of you do this. For instance, if someone does me a favor that seems unfavorable, I say “Oh, thank you. I didn’t expect that!” If someone says something skeptical, I say “It might be.” Of course I tell lies sometimes, but I keep it in mind that they should be what you call “white lies.” And, I think that many people have the household medicine, and use it skillfully depending on the situation. Actually, we need it to communicate with people nicely and smoothly. Meanwhile, I rarely see people using the powerful drug. Of course I know we shouldn’t use it unthoughtfully, because that can hurt the other person severely. Still, I also know that it can be the best method depending on the situation. In fact, many powerful drugs have saved my life, and I appreciate them. Probably, some people tend to think that the powerful drug is just a poisonous drug. I assume that it depends on how competent you are as a doctor who gives appropriate prescriptions wisely.


Thank you for reading my entry.
先日、友人が心理学の話題についての投稿をしていたので、自分も心理学に関連したことを話してみたいと思います。


「嘘は常備薬、真実は劇薬」という言葉があります。これは河合隼雄という、元文化庁長官であり臨床心理士、そしてユング心理学の心理分析家だった方の言葉です。これは私にもよく分かります、というのも、私たちは皆、多かれ少なかれ日々嘘をついています、そして私の場合、真実だと思ったことを衝動的に言ってしまい、結果的に何かを壊すことになってしまい後悔することがあります。私は率直にものをいうのを好みますが、大抵は、率直でも嘘でもないことを言おうとします。これは多くの方がしていることだと思います。例えば、もし誰かが私にとって好ましくない行いをしたら、「ありがとうございます、やってくれるとは思わなかったです」といい、もし誰かが私にとって疑わしいことを言ったら「そうなのかもしれませんね」といいます。もちろん時に嘘をつくこともありますが、それらはいわゆる「罪のないうそ」であるように気をつけています。そして、多くの人は常備薬を持っていて、それを状況によって上手に使っていると思います。実際、それはコミュニケーションを上手く、円滑に行うためには必要なものです。一方で、劇薬を使っている人は滅多に見かけません。もちろん劇薬は無配慮に使うべきではことは知っています、相手をひどく傷つけてしまいかねないからです。それでも、劇薬は時に最善の手段であるとも思います。現実に、私はその劇薬によって何度も助けられていて、感謝しています。おそらく、劇薬は単に毒薬であると考えがちな人もいるんじゃないかと思います。それは、私たちが適切な処方箋を賢く出せる有能な医者であるかどうか、ということじゃないでしょうか。


ご覧いただきありがとうございました。