novel (BARTIMAEUS17)

  •  
  • 445
  • 6
  • 0
  • English 
Jun 11, 2012 15:58
Such a ploy would be pitifully obvious even to a human and besides, the triloids wait for you there. Hand over the Amulet or you will discover that your ramshackle defense Shield will count for nothing.
He stood up and held out his hand. There was a pause. Behind my Seal, Jabor's patient
(if unimaginative) Detonations still sounded. The door itself must have long since been turned to powder. In the garden the three sentinels hovered, all their eyes trained on me. I looked around the room for inspiration. "The Amulet, Bartimateus."
I raised my hand, and with a heavy, rather theatrical sigh, took hold of the Amulet. Then I leaped to my left. At the same time, I released the Seal on the door. Faquarl gave a tut of annoyance and began a gesture. As he did so he was hit square on by a particularly powerful
Detonation that came shooting through the empty gap where the Seal had been. It sent him backward into the fireplace and the brickwork collapsed upon him.
I smashed my way into the greenhouse just as Jabor stepped through the gap into kitchen. As Faquarl emerged from the rubble, I was breaking out into the garden. The three sentinels converged on me, eyes wide and legs rotating.
Scything claws appeared at the ends of their blobby feet.
I cast an Illumination of the brightest kind. The whole garden was lit up as if by an exploding sun. The sentinel's eyes were dazzled; they chattered with pain.
I leaped over them and ran through the garden, dodging bolts of magic that sparang from the house. incinerating trees.
At the far end of the grounds, between a compost heap and a motorized lawnmower, I vaulted the wall. I tore through the blue latticework of magical node, leaving
a boy-shaped hold. Instntly alarm bells began ringing all over the grounds.
I hit the pavement outside. the Amulet bouncing and banging on my chest.
On the other side of the wall I heard the sound of galloping hooves. It was high time I made a change. Peregrine falcons are the fastest birds on record. They can attain a speed of two hundred kilometers an hour in diving flight. Rarely has one achieved this horizontally over the roofs of North London.
Some would even doubt that this was possible, particularly while carrying a wig
hty amulet around its neck.
Suffice it to say, however, that when Faquarl and Jabor landed in the Hampstead backstreet, creating an invisible obstruction that was immediately hit by a speeding moving van, I was nowhere to be seen. I was long gone.
「そのようなおそまつな手では、人間でさえごまかされない。それにトリロイドが外で待ちかねだ。アミュレットをわたせ。でないと、おまえのやわな防御膜が、何の値打ちもないってことを思い知ることになる。」
やつが立ち上がって、手を差し出した。休止があった。さてと、どうするか、・・・封印されたドアの向こうでジャーボウの想像力に乏しいが根気強い爆撃が続いている。このドアも封印がなければとっくに粉々になっているところだ。庭では3人の見張りが空中をまいながら、目はだけはこちらを見据えている。私は、何か手はないかと、部屋を見渡した。「アミュレットを渡せ、バーテイミアス」とフェイキアールが言った。
私は手を上げてわざとらしくため息をつきながら、アミュレットをつかんだ。それから、さっと左に飛びのきながらドアの封印をといた。フェイキアールも苛立ってすぐに動こうとしたが、そのとき特大の爆撃がやつに命中した。封印がとけたとたん、ドアをつきぬけてきたのだ。フェイキアールは、後ろへ吹き飛ばされて、背中から暖炉にぶつかり、その上にレンガが崩れ落ちた。ドアのあった穴から、ジャーボウがキッチンに入ってきた丁度その時、私は、ガラスを割って温室に突進した。
フェイキアールがレンガの下から出てきた頃には、私は庭に飛び出していた。三人の見張りがいっせいに飛びかかってきた。目をむき、足をいきおいよく動かしている。丸くなった足の先から大鎌のような鉤爪がぬっとあらわれた。私は思い切りまぶしい光を放った。あたかも爆発した太陽に照らされたかのように、庭が光の洪水と化す。見張りたちは目がくらみ、痛みでふるえている。私はやつらを飛び越えると、庭を走りながら、家の中から放たれる魔法の攻撃をよけた。 私の先にある木が、とばっちりを受けて燃えている。
庭の一番奥の、堆肥の山と電動芝刈り機の間から塀を乗り越え、さらに魔法の青い網を突き抜けた。少年の形をした穴が残った。その途端、警報機が敷地中に鳴り響いた。歩道に飛び降りると、アミュレットが私の胸で勢いよくはねた。壁の向こうから全速力で駆けてくるひずめ音が聞こえる。そろそろ姿を変えるときだ。わたしはハヤブサになった。ハヤブサは鳥の中で最も速いからだ。降下速度なら時速200キロメーターもでる。北ロンドンの街並みを水平飛行するのだから、そのような記録はまず無理だ。それに、いくらハヤブサの姿だかって、私をみれば、そんなに速く飛べるはずがないと思うやつもいるだろう。なにしろ首に重いお守りをかかえているのだから。だが、これだけは言っておく。フェイキアールとジャーボウがハムステッドの裏通り現れたとき、わたしはどこにもいなかった。あいつらが私のいく手を阻もうと置いた目に見えない障害物には、引越しトラックがいきおいよくぶっかっただけだ。私は一足先に遠くに去っていた。
Img_hn_pc_bn300-3484a621094d33784ab18d6efd7f193a