日本の大不同!

  •  
  • 418
  • 9
  • 6
  • Japanese 
Jul 28, 2011 14:51 趣味
今年の六月初めに、日本に短い期間に住んでいた。でも、日本社会いろいろ面白い風習を観察した。以下はいくつかの例だ...

1. 日本人はだいたい丁寧だけれど、車を運転すれば、気持ちが変えて怖くなる。特に、僕が住んでいた小さい町で日本人の運転手は速度制限がないような速くドライブをしている。その時、毎朝道を歩きながら、ドキドキした。でも、僕が会った歩行者は全部やさしかった。変だと思った。

2. 日本社会は環境保護をとても重視していて、特にリサイクリングを強調している。皮肉にも、日本の製品はたいてい包装がたくさんある。例えば、スーパーで売っているお弁当の中にも不要な紙かプラスチックが置いてある。その物がなくても、弁当の味はまだ同じだと思う。でも、僕の日本人の友達は気持ちが違うと言った。日本社会は環境保護を重視しているけれど、美学の概念も敬っているね。

3. 審美観と言えば、日本社会に男女の地位はまだ等しくないと感じる。日本のニューズとコメディ番組の中には男性も女性もいるけれど、女性の役柄のほうが小さくて、話す時間も少しだと観察した。日本の風習はまだ伝統だね。皆さんはどう思う?

4. 日本人は流行をじっくり従っている。特に、日本の少年のファッション.センスは強い。僕が日本にいた時、住所のそばに中学があったら、若い学生をよく見た。その学生たちはまだ十五歳じゃなくても、髪型がお洒落がとてもあって、自分のイメージに頓着をしそうだった。ちょっとびっくりした。それから、ある日、初めて日本のデパートへ行った時、人々に目を凝らされるのに気付いた。ああ、すぐ分かった:僕はティーシャツだけを着ていたけれど、毎人はすてきな服を着ていたから。恥ずかしかったなあ。

5. 日本では紙幣はいつも真ん中で半分に折れている。他の国では紙幣の折れ方は乱雑だ。でも、一つ方だけを見たことがある。それは意味があるかどうか、分からない。それに、日本社会は文学者を尊重していそうだ。お金の面にはたいてい有名で日本人の文学者の画がある。政治家とか科学者とかは少ない。どうして?

6. 日本人はいろいろな細部を注意している。例えば:数字の意味、席の位置、食べと飲みの習慣、社会地位、言葉の使い方、製品のプレゼンテーション...日本に生まれなけば、このルールが全部理解できないと思う。日本文化は本当に深いね。

あの日本にいた期間はとても楽しかった。日本人は初めて会った時、遠い気持ちがあるけれど、友達になりながら、だんだん日本人の暖かさを感じられる。日本人の本心は日本の文化ように、深い! 僕が大好きで、いつか日本へもう一度行きたい。

僕は一生で三つ文化を経験できて、ラッキーと感じる。