今週の見た悪夢

  •  
  • 172
  • 6
  • 5
  • Japanese 
May 10, 2012 12:09

今日、 見た悪夢について、日記を書くことに決めました。
下の書いた出来事は夢の中で起こりました。


いつも通りの日、 僕はポルトアレグレ市の中心を歩いていました。
でも、恐ろしくて、予想外なことに、突然様々な人は乱暴な行動することを始めました。
また、この人たちは僕を殺そうと狙いし始めました。

この人たちから逃げるために、 速く走りましたが、 どこにも逃げると、僕を殺したかった人が現れていました。
恐ろしかったです。 この人たちはナイフやバットなどを持っていました。
しかし、 僕は武器を使わずに走しながら、どうすれば良いのか考えていました。
彼らが僕を殺したい理由がわかりませんでした。

悪人の数が多過ぎたので、悪夢であるかどうか考えるなんて暇がありませんでした。
その後、 苦労して、 どうにか自分をある公園に隠すことができました。
それから、 公園の木の後ろからある人が現れました。この人は昔、僕の友達でした。 僕と同じ近所に住んだ人でした。
でも、 悲しいことに、この人は8年前に死亡しました。 彼の姿を見ると、驚かせました。
彼は僕に近寄って、特別な一枚の地図を僕に与えてくれました。この地図は魔法のように逃げ道出口が描いた地図でした。

その後、 彼は消える前に、「お久しぶり、 僕の友、僕のことを覚えてくれませんか。怖がらないでください。
地図の指導を従えば、必ず、 ここから逃げられます。さようなら」と言いました。
この地図のおかげで、 逃げられました。目を覚ました時、 ある種の恐れを感じてしまいました。
この夜、緊張をしていたので、 二度と寝ませんでした。