On January 16th, researchers at Johns Hopkins University announced ...

  •  
  • 494
  • 2
  • 3
  • English 
Jan 25, 2014 17:45
On January 16th, researchers at Johns Hopkins University announced that people who drink diet soda eat more food than people who drink beverage with sugar do.
It might cause a stir in the role of diet soda.

They analyzed the 24,000 people's data that have been collected for a decade.
It was revealed that obese people consumed almost the same calories of food whether they have low-calorie drink or not.
However, people who drink diet soda ate more to compensate for a lack of calories
According to American Journal of Public Health, overweight people with diet soda consume 1,965 kilo calories, whereas overweight people with regular soda do 1,874 kilo calories.

The leader of the researchers Sara Bleich said that studies considered, it is possible that artificial sweeteners affect metabolism.

- Japanese article -

米ジョンズ・ホプキンス大学の研究チームが16日、低カロリー飲料を好む太った人は、砂糖入りソフトドリンクを飲む人よりも食べる量が多くなるとの調査結果を発表した。ダイエット目的の低カロリー飲料という位置づけに一石を投じる内容となっている。

研究チームは、10年にわたって集められた計2万4000人分のデータを分析。その結果、太り過ぎの人や肥満の人は、飲み物の種類にかかわらず1日のカロリー摂取量は概ね同じだが、低カロリー飲料を好む人は、不足するカロリーを食べ物から取っていることが分かったとしている。
「アメリカン・ジャーナル・オブ・パブリックヘルス」に掲載された同調査論文によると、低カロリー飲料派の太り過ぎの人が1日に食べ物から摂取するのは1965キロカロリーである一方、砂糖入り飲料派は同1874キロカロリー。

調査を率いたサラ・ブライヒ氏はこうした結果について、さらなる研究が必要だとした上で、他の調査結果などと組み合わせると、人工甘味料が代謝作用などに影響する可能性を示していると指摘した。