According to a research in a British science magazine, the Nature C...

  •  
  • 220
  • 4
  • 2
  • English 
Jul 25, 2014 15:20
According to a research in a British science magazine, the Nature Climate Change, global warming will cut almost 600,000 emperor penguin in Antarctica by at least 20% by 2100.
The research predicted that they would slightly increase by 2050, and then it would decrease.
It urged each country's government to put the emperor penguin in endangered lists that limit tourism and fishing.

The research filed by the Woods Hole Oceanographic Institution is the first long-term outlook regarding the emperor penguin.
They projected that the number of the penguins would decline by at least 19% from current levels by 2100.
There are 45 colonies of the penguins that are confirmed, and it is said that in 30 of them, the number of the penguins will decrease by more that half.
― A Japanese article ―
29日付の英科学誌ネイチャー・クライメート・チェンジに掲載された研究によると、地球温暖化の影響で、南極に生息する60万羽強のコウテイペンギンが、2100年までに少なくとも2割減少する見通し。
2050年まではやや増加するものの、その後減少していく恐れがあるとして、観光業や漁業の規制につながる絶滅危惧種と見なすよう、各国政府に呼びかけている。

米ウッズホール海洋研究所などのチームがまとめた同研究は、コウテイペンギンに関する長期的な見通しを初めて示したもの。
それによると、ペンギンの数は海氷の減少を背景に、2100年までに少なくとも現在の水準から19%減少する見込み。確認されている45の群れのうち、3分の2に当たる30の群れで半分以下に減るという。