A small dog escaped from the backyard surrounded by the fence and w...

  •  
  • 182
  • 3
  • 3
  • English 
Apr 30, 2014 12:36
A small dog escaped from the backyard surrounded by the fence and was found in Ohio, which was 1,600 kilometers away.
The owner of the dog doesn't know why on the earth.

On March 25, Corbin, the dog bred between a chihuahua and a dachshund, dug the ground under the fence at the backyard of the house of its owner, Mike Saiz, in Killeen, Texas.
On March 29, he was discovered tied to a bench outside a animal protection center in Hamilton, Cincinnati.

According to Saiz, Corbin has dug the ground and escaped a couple of times.
He has saved Corbin falling into a pond near his house.

A surveillance camera at the animal shelter in Hamilton showed that a woman left Corbin behind on the night of the 28th.

The authorities are looking for the woman because they believe that she knows why Corbin has come to Ohio.

Corbin was soaked due to rain, but he was okay.
Corbin was embedded with a microchip and this identified his owner.

テキサス州の塀に囲まれた裏庭から逃げ出した小犬が1600キロ以上離れたオハイオ州で発見された。飼い主はどうしてそんなことになったか見当もつかないという。

この犬は、コービンという名前のチワワとダックスフンドの雑種犬で3月25日、テキサス州キリーンにある飼い主マイク・サイズさんの家の裏庭から塀の下の地面を掘って逃げ出した。そして29日、シンシナチ郊外ハミルトンにある動物保護センターの外に置いてあったベンチにつながれた状態で発見された。

サイズさんによると、コービンはこれまでも何回か塀の下を掘って逃げ出したことがあるという。近くの池に落ちたのを助けたこともある。

ハミルトンの動物愛護センターの監視カメラには28日夜、コービンを置いてゆく女性の姿が記録されていた。

関連当局は、コービンがなぜオハイオに来たのかに関して、監視カメラ映像の女性が何らかの事情を知っているとみて、行方を追っている。

コービンは雨のせいでずぶぬれだったが、健康状態に問題はない。コービンには飼い主を記録したマイクロチップが埋め込まれていた。