A board game called Market Meltdown, which was derived from the Leh...

  •  
  • 681
  • 0
  • 2
  • English 
Dec 19, 2014 16:35
A board game called Market Meltdown, which was derived from the Lehman Shock in 2008, is becoming popular in London.
The board game started selling in 2012.
Will Sorrell, the creator of the game, has a father who was a stockbroker in the 1980s.

The game is reminiscent of a popular real estate game, Monopoly, but in the Market Meltdown, the players start with being rich.
They try to keep solvent in the face of growing debts, defaults, and bonus caps.
They go around the world on their private jets by a roulette wheel while investing stock markets.
When they make loss, they can borrow up to one billion pounds to make up the loss.
The game is similar to the real investment banks, in which players can be fined for manipulating the markets or go bankrupt due to price plummet of crude oil.
― A Japanese article ―
2008年の金融危機を題材にした「マーケット・メルトダウン(市場崩壊)」というボードゲームが、金融関係者が集まるロンドンで人気を集めている。
このゲームは2012年に発売。考案者のウィル・ソレル氏は、1980年代に株式ブローカーをしていた父親を持つ。

内容は昔から愛好されている不動産取引ゲーム「モノポリー」に似ているが、「マーケット・メルトダウン」ではプレイヤーはお金持ちの状態でスタート。膨れ上がる債務、デフォルト(債務不履行)、ボーナス制限などの荒波を乗り越えながら支払い能力を競い合うというものだ。
プライベートジェットで世界を飛び回りながら、ルーレットを回して株式に投資。失敗した場合、損失をカバーするため10億ポンド(約1900億円)まで借り入れもできる。投資銀行の現実をなぞらえ、市場操作で罰金処分になったり、原油価格の急落で資産を一瞬にして失うこともある。