An outdoorsman, who love hunting and fishing, passed away at the ag...

  •  
  • 260
  • 1
  • 1
  • English 
Jan 26, 2014 13:55
An outdoorsman, who love hunting and fishing, passed away at the age of 78.
The man was placed in a casket and the casket was loaded onto a motor boat that he loved.
It was laid on a trailer, and his son pulled it to a grave by a truck.

Ronald Bloss who lived in Mount Wolf, in the suburb of Harrisburg, had a few motor boats.
One of his family came up with the idea of using the boat because they thought that it was ideal for his last journey.

According to a funeral company, it was the first time to use a motor boat instead of a hearse.

Bloss was a Navy veteran and liked not only outdoor activities but also a baseball coach and umpire.
He died at home last Saturday.

- Japanese article -

狩猟や釣りなどのアウトドアスポーツを愛した男性が78歳で亡くなり、遺体を納めた棺が愛用していたモーターボートに乗せられ、それをトレーラーに積んで、息子の1人が運転するトラックによって共同墓地に牽引された。

ハリスバーグ郊外マウントウルフに住んでいたロナルド・ブロスさんで、数隻のボートを持っていた。遺族の1人が故人の「最後の旅路」にふさわしいとして、このアイデアを思いついたという。

葬儀会社によると、モーターボートが霊柩車代わりに使用されたのは初めてだという。

ブロスさんは、海軍の退役軍人で、アウトドアの他に野球のコーチや審判をするのも大好きだったという。先週土曜日に自宅で亡くなった。