平安時代の女性文学

  •  
  • 2484
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Oct 28, 2012 00:03

平安時代の前期、漢文学は相変わらず盛んに行われていましたので、日本文学歴史で「国風暗黒的な時代」と呼ばれました。平安時代の中ごろになると、それまで中国の文化を取り入れることに夢中であった日本にも、独自の文化がうまれるようになりました。男性貴族が政治で使う文字は漢字であり、文章は漢文であり続けました。漢字に代わる、かな文字が発達したからです。「かな文字」と呼ばれましたが、難しい漢字よりも易しく、簡単に使えるので、女の人達に喜ばれ、たくさんの日記や物語が書かれました。物語りや日記や仮名に書き表されるようになったので、平安時期の女性文学の発生、発達を促していました。
そして、この時期の漢詩文の作者は男性が圧倒的で、女性の作者はまれでありました。漢詩文は男性中心の教養として行われていたから、女性は漢詩文の制作にはかかわることができなかったのでありました。そのため、初めてたくさん女性作家の輝かしい姿があらえあれていました。そんな華やかな女性作家たちの中で、際立った才能を持っていたのが、今まで世界で一番湯名的な「源氏物語」を書いた作家という紫式部と、随筆文学の代表作という「枕草子」を書いた清少納言の二人です。それから、紫式部と清少納言ンの作品は後世に大きな影響を残すことになる表現形態を発明したのです。二人はお互いにライバルとして競い合い、見事に女性文学の花を咲かせたのです。女性文学は当時の新しい時代と社会の変化の波があったのです。その歴史の背景をさぐりながら、ふたりの天才出現の実相を考えてみます。
平安時代、女性文化は黄金期を迎えました。なぜ女性文化は大成功なのですか。その原因はいくつあると思います。一、上流貴族女性たちが漢学の素養が高くて作品を作れる才能を持っていると思います。例えば、紫式部、清少納言二人とも漢学の高い官吏の家で生まれたのです。二、上流貴族女性たちは人生経験は豊富です。この豊富な経験は作品の肝心な題材になります。例えば、清少納言は皇后に添えて、皇后に楽しくなるために、毎日周囲の事情について「をかし」と誇られる随筆を書き、皇后に差し上げました。三、不安な社会は女性にも及ぼします。平安時代の末期政争が激しくて現実が暗いです。女性たちは不安な世に敏感して作品の中にも書き入れました。例えば、«源氏物語»の中に、平安時代末期の社会変化は書き入れました。
平安時代の有名な女性文学の代表作また王朝女性によって書く「蜉蝣日記」、「和泉式部日記」などがあります。その女性たちは日本古代文学に大いに異彩を放たれさせました。もう一つ、平安王朝の女性と文学の流行のため、日本の「和風化」を促させました。それでは、日本は古代民族文学の輝かしい時期を迎えて、日本文学史の一つ特有現象になってきました。