みなさん、久しぶりだな、私の論文内容を添削していただけませんか? 時間が限りですので、ありがたいです。

  •  
  • 476
  • 2
  • 1
  • Japanese 
May 10, 2012 11:10
集団意識を強調し、外界の交流に抵触する。
若者言葉の生み出しと存在からみると、若者は自分の集団内部の交流を強調して、集団以外の人群れの交流に抵触する。彼らの見解と思想が仲間以外の人に知らずように、置換、転倒、古い仕来りを打ち破りという方法で集団専用の言葉を作っている。例えば:“しばく”はもともと関西方言である。この語義は"なぐる”“たたく”という意味であり、とても俗っぽい語彙と思われる。でも、高校女子学生はこの語彙をよくしゃべていて、しかも、語義も変わっていく。"飲食する”という意味を持つことだ。例として“鳥しばく”は“ケンタッキ一へフライドチキンを食べに行く”という意味があり、もし聞いて分かれば、よく使えば、仲間との会話の促進と親近感を強化するという役割がある。外界の交流の抵触を除いて、ある意味から言えば、外の社会及び他の人込みに軽蔑の態度を持っている。例として、“おやじ狩り”(若い男たちが集団で中年の男性を襲撃し、金品を奪うこと)という語彙はそいう嫌な感じを表す。
個性存在を強調し、自由な生活態度を主張する」
私たちは、普通言葉の慣例に反する構成形式から考えば、若者は決まり通りにやりたくなくて、個性存在を強調し、思いのままの生活態度を示す。このような態度は、現実でもたくさん体现している。若者の就職面から見れば、近年の若者の退社率は高騰して、フリーターの数は绝えずに増えていく。日本厚生労働省の統計によると、この3年間の若者の退社率は学歴にいよって分け、中学校卒業は5割を占め、高校卒業の占める割合は3割、大学を卒業した大学生は2割だった。アンケート調査の結果に基づいて、辞任させた理由は、仕事中で自我存在価値が見つからなく、さまざまな規制内に制限して自分の思い通りの仕事をして暮らせない。そのわけで、彼らが社会にも企業にも、信頼を失って、結局就職活動を諦めてフリーターに転向した。現在の若い人達が社会に進出した後も非常的に個性の存在を強調し、自由を追求する態度を示している。しかし、このような思想と態度の形成が社会的な背景があるからだ。まず、日本社会は1990年代に入って以来、経済が急速に発展し、大量の欧米思潮も一緒に日本に流入した。若者たちは、外来の刺激の反映は最も敏感だった。彼らが欧米の個性的な解放、自由を探求する思想を受け入れたことから、個性な価値を強調して、社会に体现している。そのために、本格的に社会に進出した後、いったん自分の価値を得ることができないことに、だが、近年来日本経済の不景気によって、まもなく自分に合う仕事を見つけることは簡単ではないので、大量のフリーターは増加している。社会や家庭責任感が薄いだけではなく、独立性、自信感も失う。若者の用語の中には、大部分語彙は娯楽、衣食住性、流行と関わりがある。これは若い世代が、日常の話し合いで語る话题の多くは、そのような内容が盛り込まれている。社会の発展、家庭の責任を考えずに、目の前の遊びに関心を持つだけだ。このため、若い人達は固定された仕事があるけれども、さらには両亲で一緒に住んで親から小遣いも受けていた。結婚する気がしないで、家庭の責任を背负いたいと思わない。近年では日本の若者たちの结婚の状況は非常に奇妙だ。平均初婚年齢が上昇(晩婚化)、未婚率が上昇(未婚化)、結婚率低下(非婚化)、離婚率も増加する。最終に少子化現象を導いていた。そのうえ、その問題なのか、現代日本社会が直面した深刻な社会問題の一つである。空前の性の開放や犯罪や自殺1990年代以後、若者用語には「援助交際」、「おやじ狩り」などの表現語彙が出てきた、これらの単语も同年のある新語*流行語の選定台にさえ登載された、そして今日までも使用している。それほどまでには、若者たちの行動が、社会に影響を及ぼしている。いくつかの女子高校生の放課後、制服を巻き上げてミニスカートのような形を作って、「ルーズソックス(靴下の一種で女子高生の間で流行っている)を着て街頭にくりだしている。成人男性を目指して、いわゆる「援助交際」でより多くの小遣いを稼いだ。モラルから見ると、このような行為は一定の罪悪感や羞恥心がないだ。事実は、彼女たちは、罪悪感は全然なく、むしろに成人を愚弄して快感を楽しんでいる。彼女たちは、「性」という認識が開放で、「性」を商品の一つとしてさえ販売する。これを除いて、「おじや狩り」などの犯罪事件も频繁に出てくる。若者たちが、日常生活の中で外来の各種圧力と刺激を耐えると、不満と重苦しさになる。鬱憤を晴らすために、暴力手段をふるう。ある若者が絶望自殺への道を選びてしまう。どのような正しい方法で若者を導いて社会に対応すべきかは若者の教育の方面での重要な課題である。


未来への憧れと現実に悲観的な態度の矛盾
以上私達が见た若者の現況はほとんどが消極であることは、確かに事実だ。しかし、若者から出てくるこのような状况は、今の社会の背景と密接に結び付いている。現代の日本社会の経済が不景気で、政治も不安定で、高い失業率などの问题は、必然的に人々を现実に失望させ、社会への不満になることだ。一方、若い人には、社会が彼らの重視しないなどの要因で、さらに未来に自信を失う。しかし、これらは完全に彼らの本音を表せるとは限らない。2000年日本労働白書の統計によると、約3分の2以上のフリーターは、定職のような仕事に従事するのを望んでいる。フリーターで過ぎたい人はただ7%である。03年の国民生活の白書によれば、約70 %のフリーターが最初に在職時では正式員になりたいそうだ。このことから見れば若者たちにより心の中は自分の未来に関心を持ち、未来に対する希望に満ちている。しかし、厳しい現実はまた、彼らに悲観し失望させ、自分の見通しがつかないと考えている。理想と現実は矛盾して、内心穏やかでない。
まとめの言葉は社会の産物と同時に時代の特徴を反映する。ある特定の文化は特定の社会の政治と経済の反映である.若者言葉の評価に対して、肯定の見方もあれば、何かの批判も受けたにちがいない。若者言葉が出てきたばかりで、外界の批判を受けた。正常的な文法に反して、俗っぽい話しぶり、日本语の既存の美しさに大きな影響を及ぼしている。しかし、ある学者たちは若者の出現は日本语変化・発展をよく反映して、若者言葉は感性で、言語の表現も簡単で新鮮であったという見地を明らかにする。今日批判している人が大半を占めているけれども、、個人的な意見が確定した場合、後者に重点を置いている。でも、使用する場合はある程度にとどめたほうがよい。。会話が促進されるという機能を備えた語彙は使われることで、会話の雰囲気を活気づける。もし盲目的に使用するのなら、逆に良くない効果をもたらす。現代の日本の若者の現状について、社会は彼らをいちずに批判せべきではならない。その現状は現代社会背景と密接に関係がある。彼らを放棄し、黙殺してはいけない。現代の若者の問題を課題にして、慎重に検討しなければならない。関連制度を整備し、生活環境の改善に力を入れ、よりよい生活環境、教育環境や就職環境などを創り出す。社会や家庭の関心を集め、彼らに健康に成长させ、楽しく生活を送っていた。