監督者

  •  
  • 572
  • 10
  • 6
  • Japanese 
Jul 3, 2011 21:34
 今日は日本能力試験日です。受験生より、監督者としての私は非常に緊張しています。それまでこのような役を務めたことがありますけど、助手ぐらいです。今度は試験監督だけではなく、他の監督者に仕事を割り当てることになります。万一、何が間違ったらどうしましょうか。監督マニュアルを読み繰り返していました。

 試験開始1時間前には、4階の試験場で他の監督者と一緒に試験を準備しています。テープレコーダーが正常かと確認するとき、問題ができます。声が出てくれません。すぐ2階の監督室に助けを求めて走ります。そちらは6階の機械室の担任者へと教えてくれますが、ぞの室にはだれもいません。2階に戻らざる得ません。最終に副院長のおかげに、問題を解決します。

 あとは楽かと思いきや、試験を配るとき、ある受験生が不満を言い出します。
 「先生!先、私たちの同意を受けないで答案用紙のある袋を開けて、受験の気持ちに影響を与えてくれます。」
 へへ?
 急にある監督者の注意を覚えだした。「今の受験者は世話のやけるものです。水を飲んでも試験場の外へほうがいいです。」
 もうすぐ謝ります。受験生さまは神様です。

 試験の終わる鈴が響くまで、いっときも油断なく監督していきます。自分が受験生だった時は試験監督の人は楽そうでいいなぁ〜と思ってましたが、今全然違う感じがします。