つまらないです

  •  
  • 418
  • 3
  • 1
  • Japanese 
Jul 19, 2012 12:40
今日は第6日です。2週間前、NECの最終面接に準備している時、実家のある国営企業の内定通知が届きました。「北漂(北京で貧しい生活に耐えながら夢を追いかけること)」の辛さに怖くて、負け犬のように実家に帰って、日本語とは関係のない仕事をし始まりました。

発展空間と日本語のために、元の仕事をやめて再び就活に取り組んだ私は、結局、願いに反する仕事をしました。まるで人生の冗談みたいです。
国営企業といえば、安定した職場です。年功序列において、日本より厳しいです。発展空間があっても、八方美人しかできません。つまり、複雑な人間関係をうまく扱えば将来性があります。残念ながら、これは苦手です。上司より、お客様を喜ばせる方が強いと思います。

院生なのに新人ですから、教えてくれる「先生(会社のルールにより、前輩のことを「先生」と呼ぶ)」たちは、みんな年下の子です。今日はみんな忙しくて、教える暇がありません。
「何かお手伝いすることがありますか」
「いいです、とにかく自分で遊びにしなさい。」
遊ぶ?ネットしますか?そうする勇気がありませんでした。でも、何もしないで会社規則を見るばかりで我慢できませんでした。最後、ひそかに日本語を勉強しました。