アジアで英語を勉強した日本人の英語の訛りについて

  •  
  • 2039
  • 11
  • 8
  • Japanese 
Feb 7, 2014 01:17 英語 訛り アジア トレンド
1ヶ月ほど前、私は人材派遣会社から連絡をもらいました。
電話で連絡が来たので、相手の顔をまずわかるわけがありませんでした。
そこで、電話に出たとたん、聞き慣れない英語の訛りの声が聞こえたので、
また迷惑電話かと思いました。
電話の相手の訛りがフィリピン人っぽかったし、どこかのコールセンターからの迷惑電話に似ていました。
そして、相手は突然、「I am Japanese. 日本語でよろしいですか?」と言いました。

日本人でしたか。
彼女の英語はけっこう訛っていたので、フィリピン人と勘違いしてしまいましたが、
日本語をしゃべってもらったら一般な日本人のアクセントが聞こえて安心できました。

それで、どうしてその日本人の英語はそれほど訛っていたのでしょうか。
おそらくフィリピンで英語を勉強されたからと思っています。
そして、英語力を向上できた上、フィリピンっぽい訛りも習ってしまったようです。
シンガポールにも、地元の英語の訛りを習ってしまった日本人も少なくありません。
普通、シンガポール人から見ると、英語が上手な日本人の英語の訛りは二通りあります:

一、日本っぽい訛り ←英語版のNHKの標準を指します。
二、欧米っぽい訛り ←その訛りは一番望ましいと思います。

東南アジアで英語を勉強された日本人は前に珍しかったのですが、
近年アジアっぽい訛りでしゃべる日本人は増えているようです。
フィリピンやシンガポールで英語を勉強することが人気になっているからです。
けれど、一番気になっているのは、帰国したらその日本人に対して皆さんはどう思っているかというところです。
英語を上手にしゃべればいいじゃないと思っている人がいる一方で、
欧米人とは英語はなかなか通じないじゃないと心配している人がいないとは言えません。

日本人の皆さんはそれについてどう思っていますか?