troubling 台湾(1)

  •  
  • 754
  • 10
  • 2
  • Mandarin 
Jan 12, 2013 20:38
“trabel”和“trouble”这两个英文单词是同源的兄弟们。
这意味着旅游常有纠纷。
的确,一去旅游谁都会遭遇丢三落四,患病,受骗等等多少的麻烦。
这两个词的血缘关系不怪呢。
……我就到这里后在网上略查了,竟然这两个词的源头是不一样的呢。
貌似这两个词是同源是常有的误解。
要命了,那就这样吧,他们俩是隔山。
无论如何也想说的是旅游离不开纠纷啊。

这次元旦假期的跟同事去的台湾旅游也从纠纷开始了。
当天我们原来的计划是这样,10点从大连起飞,12点抵达上海,隔两个小时的间隔,14点出发上海,16点达到台湾。
我们8点在机场集合,9点已经就在候机厅等待开始登机。
不过呢,情况有些不稳。
好像往武汉,宁波等的飞机因天气而延误。
看外面,天黑乎乎,视界白乎乎。
但是天帝没放弃我们,稍等后天气好转了。
从我们原来的计划才15分钟左右延误就开始登机。
一时不知会怎样,不过登机坐席就放心了一点。
有空中小姐的广播说关手机,系好安全带。
好像赶上在上海转机,好了好了。

……两个小时之后,我们还在大连。
为啥呀!有广播就谁都就会认为马上起飞吧!
为什么在窄的飞机里要过两个小时呀!
登机后开始的电影也结束了嘛!见鬼!

当然没赶上14点从上海出发的飞机。
到了上海后,当天已经没有可行的选择能去台湾,我们不得不在上海过了一晚。
眼睛很好的朋友已发现到了嘛,照片是上海的豫园。
去台湾旅游,那为什么有上海的照片呢?经纬是这样啊。
这是第一的纠纷,但是纠纷不止这个啊。
“trabel”と“trouble”、この2つの英単語は語源が同じ兄弟である。
これは、旅行にはトラブルが付き物だということである。
確かに、旅行に行けば誰でも、忘れ物や病気、詐欺に遭うなど、多かれ少なかれトラブルを経験する。
この2語の血縁関係は不思議でもなんでもないのである。
・・・と、ここまで書いてネットでちょっと調べてみると、なんとこの2語の由来は異なるらしい。
この2語の語源が同じだというのは、よくある誤解のようだ。
困った。じゃあこうしようではないか、彼らは腹違いの兄弟なのだ、と。
とにかく、私が言いたいのは、旅行とトラブルは切っても切れない関係にあるのだということである。

今回の元旦に、同僚と行った台湾旅行もトラブルから始まった。
その日、私たちのもともとの予定は次のようであった。10時に大連を出発し、12時に上海に着く。2時間のインターバルを置いて、14時に上海を出発し、16時に台湾に到着。
私たちは8時に空港で待ち合わせをし、9時にはもう待機ロビーで搭乗開始を待っていた。
しかしである。状況が何やら不穏である。
武漢や寧波などに向かう飛行機に、天気による遅延が発生しているようである。
外を見ると、空は真っ黒で、視界は真っ白だ。
しかし、神は私たちを見捨てていなかった。少し待つと、天気が好転した。
もともとの計画から15分ほど遅れただけで搭乗が始まった。
一時はどうなることかと思ったが、搭乗して席に着くと、やや安心した。
フライトアテンダントの、携帯電話の電源を切り、シートベルトを締めよ、とのアナウンスが流れた。
上海での乗り換えにも間に合いそうだ、よかったよかった。

・・・2時間後、我々はまだ大連にいた。
なんでやねん!アナウンスがあったら誰でもすぐに飛ぶと思うやろ!
なんで狭い機内で2時間も待たなあかんねん!
搭乗した後に始まった映画も終わってしまったやないか!なんやねん!

当然、14時に上海を出発する飛行機には間に合わなかった。
上海に着いたあと、その日はもう台湾に行ける現実的な選択肢もなく、やむなく上海で一晩を過ごすことになった。
目の良い方はお気づきかと思うが、写真は上海の豫園である。
台湾旅行に行ったのに、なぜ上海の写真があるのか、事の顛末はこういうことであった。
これが第一のトラブルであるが、トラブルはこれだけで終わらなかった。