専攻分野

  •  
  • 521
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Feb 28, 2011 23:07
大学の専攻は応用日本語(国貿)です。基礎日本語や日本語聴解、日本語会話などの勉強を通して、日本語能力試験2級を合格しました。日本語は専攻として勉強してきて、優秀な成績を得たが、それはあくまでも語学の勉強であるしかありません。大学三年の時から、副専攻として国際貿易の勉強を始めます。国際貿易専攻は世界と中国との貿易や経済の関係を包括的に研究し、またそのなかで企業の活動や経営を世界的な視野にたって研究します。理論を中心としたコースでは、貿易のさまざまなシステムや制度を知り、世界経済の現状や諸問題を学習することで、世界経済における中国の現状を理解して、将来の見通しを判断する能力を修得すると目標として、外貿日本語、国際貿易実務と模擬ビジネス商談などいろいろな課程を勉強しました。勉強しているうちに、国際経済貿易に対する論理的な理解を深め、日常生活と密接な関係を持つ貿易活動に関すること、特にエネルギー等の天然資源の経済貿易に格別に関心しました。環境とエネルギー資源問題の深刻化といった世界規模の経済問題にも直面しています。環境とエネルギー資源は経済との関係がもっと理解を深めたいです。それに、図書館を利用して、多くの経済についての本を勉強し、本格的に勉強していくという願望を強めました。したがって、卒業した後日本へ行って、経済学を勉強しようと決意しました。