"Jack-O' Lantern"の歴史

  •  
  • 805
  • 3
  • 3
  • Japanese 
Sep 28, 2012 10:08
かぼちゃを彫る習慣は昔のアイルランドに由来しました。日本語で説明するには複雑過ぎるので要約します。伝説によると、 何度も悪魔を悪ふざけをした”けちんぼうJack”という男がいました。Jackが亡くなる時天国か地獄に入る事を許しません。だから、亡霊になってしまいました。掘ったひょうたんの中にあるキャンドルで道を照らしました。それから(まもなく)”Jack of the Lantern”を呼ぶようになりました。それが、ダンダン “Jack O’ Lantern”というようになってきました。結局アイルランド人が化け物を脅かすために”Jack O’ Lanterns”を使い始めました。
The custom of pumpkin carving originates in Ireland, long ago. It is too difficult for me to explain in Japanese, but I’ll summarize. According to Irish legend, there was a man named “Stingy Jack,” who tricked the Devil many times. When Jack died, he was not allowed into Heaven or Hell, and became a wandering spirit. He used a candle--in a hollowed out gourd-- to light his way. He became known as “Jack Of the Lantern” and eventually, “Jack-O’ Lantern.” In time, Irish people began using carved pumpkins to scare away evil spirits.