Introducing the Kanji No.2 “子”

  •  
  • 265
  • 4
  • 2
  • English 
Sep 16, 2012 06:28 Kanji
Last week, I introduced if you look at a little crouched down person from the side is “人.”
I introduce one of the prototypes of kanji were characters that were born from a figure of thing’s features.
Today, I introduce “子”
If you look at to spread both arms wide by a child, “子” is a little child.
Pronunciation is “ko”,”si” and”su”
For example:
彼女には3人の子供(コドモ)がいます。
She has three children.
彼は遺伝子(イデンシ)研究をしています。
He works as a genetic research.
椅子(イス)にお座りください。
Please have a seat.

Person Radical is “子” and ”孑”
For example:
漢字(カンジ)を学(マナ)ぶ。
I study Kanji.
私の母はたくさんのおもちゃを孫(マゴ)に与えた。
My mother showered the toys on her grandson.

Did you enjoy this entry?
Wait till next week is “女”
I hope this helps your understanding of Kanji.
先週は、少しかがんだ人を横から見た姿を感じにした「人」を紹介しました。
漢字の中でも象形文字といって、その物の形の特徴から漢字になったものを紹介しています。
今日は「子」を紹介したいと思います。
「子」は 両手を広げた子供の姿を描いた字で、小さい子供のことです。
発音は「コ」「シ」「ス」です。

部首は、偏にあるときは「子・孑(コ・コヘン)」です。

来週は「女」を紹介したいと思います。お楽しみに。