チャリティー広告は社会の鏡

  •  
  • 218
  • 0
  • 5
  • Japanese 
Dec 25, 2011 00:18
この間、テレビで前より増えている広告は、一つは新年の贈り物、そしてもう一つはチャリティー広告のようです。たとえば、下記の例のビデオです。
http://goo.gl/Q6X97

これは中国野生動物保護協会が制作して、「取り引きがなくて、殺すもない」というテーマにして、国民に野生動物や珍稀動物を守ろうと呼びかけるチャリティー広告シリーズの一つです。例のビデオの呼びかけとおりに、みんながサメのひれを食べることに自発的に拒否すれば、動物にの傷つけることにも少なくなるでしょう。なぜか新年の前にこのシリーズの広告を増えているのを考えると、新年の間にみんなが外食の機会が増えて、野生動物が殺される可能性も非常に高まれたかもしれません。今の上海などの大都市では、レストランの食卓の上で珍稀動物を見られないし、周りのひとも珍稀動物を食べたことがあると誇りする人もいないし、残念だけど、北の中国では、そのような消費者がいると思います。5月天津に旅行したとき、そこのレストランの前に、おかしい動物の肉がたくさん並んでいたのを見ました。

どの国では問題があって、それらの問題を直するため、チャリティー広告の放送も必要です。オーストラリアでは、毎回祝日の連休の前に、必ず見えるのは、飲酒運転についてチャリティー広告です。向こうの人はパーティーやお酒が大好きです。私の昔の隣人が毎週末にずっとお酒を飲み続け、お酒を飲むことがすでに人生の楽しみになったようでした。飲酒運転の人が多くなので、政府が厳しいルールを作りました。祝日のあいだ、もし飲酒運転と発見されたら、罰金以外に平日より3倍の免許ポイントを控除することになります。大人の運転免許は15ポイントがあって、控除されて、ポイントを足りないなら、運転ができないになります。

チャリティー広告は社会の鏡と思います。例のような広告は日本にもオーストラリアにも、放送される必要がないんですが、あなたの国では、どんな問題がありますか?そしてどんなチャリティー広告を放送されているんですか?