ちょっと待って、神様

  •  
  • 178
  • 1
  • 0
  • Japanese 
Jun 28, 2010 11:10
要約

第三話
竜子は秋日子の体を使い、秋日子の友達の薬子は秋日子が明らか過ぎることをと気がついた。それ故、薬子は秋日子最近の様子について茂多に相談した。薬子は茂多の秋日子への感情をしている。竜子はもう一度自分の家に戻り、ご飯を作ったり、掃除をしたりした。娘のリサによると、竜子の夫が泣いていることが見たことがなかった。更に、竜子が残したものが全部捨てられた。竜子はショックを受け、フランクリンを取り戻しに必死回収車を追いかけた。

第四話
竜子が使っている物や服を全部娘のリサが捨てた。なぜなら、リサがお母さんのものを毎日見る度につらさを耐えられなかった。竜子の夫がお礼を言いに秋日子の家に行ったとき、フランクリンを見つけた。ただ、自分の家から捨てられたフランクリンと同じような植物と思った。竜子の夫が竜子のことを思い出し、竜子への本音の思いを伝えた。竜子はそれに感動させた。

第五話
竜子と息子の彼女の米子が家で出会った。竜子は米子が猫を被っていると判断し、米子の料理の方法が贅沢と思った。竜子が心配で秋日子に後一週間体を貸してほしいとお願いした。偶然に竜子は息子が大学で留年されたことを知らせてたら、ついに怒って息子のことを叱った。しかし、息子が逆に竜子(秋日子)のことが他人で関係ないから、竜子を追い出した。
Big_en2-f94e3223819fd32ef746d2bb993ffe3d