Journal
 
 
Photo Album

Sensei's entry (28)

Post an entry now!
Sensei

最近、「家を売る女」というドラマに熱中しているんだ。

最近、「家を売る女」というドラマに熱中しているんだ。このドラマの主人公は、セルス腕力の強い女の不動産屋さんだ。いつも、ビジビジ物事を決められない同僚に「Go!」を言う時は、とても格好良いと思う。皆は、このドラマのことをどうのように思いますか?
  •  
  • 155
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Sep 10, 2016 18:40
Sensei

日本の皆は、デーの人たちはどう思いますか?

日本の皆は、デーの人たちはどう思いますか?今までまたドラマは、ホーモーフォービアの場面が時々出るそうだ。
  •  
  • 130
  • 3
  • 1
  • Japanese 
Sep 10, 2016 12:14
Sensei

おさしぶりですね〜長い間はあんまり日本語を使うことがなっかた。

おさしぶりですね〜長い間はあんまり日本語を使うことがなっかた。皆はお元気ですか?
  •  
  • 86
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Sep 10, 2016 11:29
Sensei

「人は愛を選び、愛は人を選ばない」はという意味ですか

今日は平井堅さんの新しいシングル「夢の向こう」を聞いたら、ちょっと理解できない歌詞があった。「人は愛を選び、愛は人を選ばない」というのは、どいう意味でしょう?誰でも愛を持っているということですか?
  •  
  • 788
  • 4
  • 1
  • Japanese 
Aug 21, 2011 03:03
Sensei

ちょっと待って、神様

要約 第三話 竜子は秋日子の体を使い、秋日子の友達の薬子は秋日子が明らか過ぎることをと気がついた。それ故、薬子は秋日子最近の様子について茂多に相談した。薬子は茂多の秋日子への感情をしている。竜子はもう一度自分の家に戻り、ご飯を作ったり、掃除をしたりした。娘のリサによ...
  •  
  • 563
  • 1
  • 0
  • Japanese 
Jun 28, 2010 11:10
Sensei

ちょっと待って、神様

要約 第一話 竜子は普通の家庭主婦で家族のことを親切をしているが、家族に全然関心されなかった。唯一の話し相手は、「フランクリン」と呼ばれた鉢植えだ。24年目結婚記念日なのに、家族がつめたくて一緒に夕食を食べることが出来なかった。秋日子は家庭が裕福の高校生だが、両親が...
  •  
  • 423
  • 0
  • 3
  • Japanese 
Jun 21, 2010 10:22
Sensei

小説パート6

上海 春 ちょっとの間には、五年の後だった。今は金が上海で自分の画廊を経営していた。この「メドゥサ」という画廊は、青桐がよく茂ている静かな街にあった。その画廊の目標は二つある。一つは、中国で育った若い芸術家のパトロンとして、世界中の客に斬新なスタイルを紹介していた。二つは...
  •  
  • 348
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Apr 5, 2010 11:22
Sensei

小説パート5

ロンドン 秋 ロンドンの秋は、一日中の天気がよく変わるものだった。たとえば朝が晴れだが、昼まではくもが集まり、午後が急に大雨と大風が始めてしまった。その故、イギリス人は天気について話をよくかけていた。 金は仕事を辞めてイギリスにいるのは、もう一年だった。この間、チェルシ...
  •  
  • 478
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Mar 30, 2010 08:18
Sensei

小説パート4

ニューヨーク 冬 新年を越したら、通りに沿って店舗がクリスマスの装飾を取り除いていた。だが、雪が降るのは相変わらずつついている。 金がいつも通りの仕事への道で歩いている。周りを見れば、大体同じ景色だった。この露店の新聞売店、そのホットドッグスタンド、そちらのホームレース...
  •  
  • 321
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Mar 22, 2010 11:30
Sensei

小説パト3

サンフランシスコ 冬 一年最後の日々でも、イエルバ・ブエナ花園の中は春のように草木がよく茂た。芝生の上で何人かの若い者たちがサッカーを遊んでいた。歩道で、サンタクロースを装っている人が子供に気球を配ってあげた。冬のキャリフォーニアのベイエリアは、冷蔵庫ほど寒いニューイング...
  •  
  • 263
  • 0
  • 4
  • Japanese 
Feb 22, 2010 12:11
Sensei

Personal statement

私がどうして日本語を勉強することになったか、その理由は一言では難しいが、確かに日本の社会と文化について興味を持っていることだ。子供時代から日本の漫画、アニメ、番組、アイドルなどの文化製品をよく消費していたから、日本はというところだかについてどんどん好奇心が生まれ、大学に入っ...
  •  
  • 466
  • 0
  • 3
  • Japanese 
Feb 21, 2010 01:48
Sensei

小説パト2

ニューヨーク 冬 窓の外は、大きな雪が降っていた。ニューヨークの冬は、相変わらず寒かった。金は事業価値を見積もるレポートを書いて続き、窓の外に全然気づかなかった。もうすぐ二週間後はクリスマスだった。その時までもう少し頑張らなくちゃ。今年も課内の業績評価で一番目を取らなくち...
  •  
  • 319
  • 0
  • 3
  • Japanese 
Feb 15, 2010 11:11
Sensei

小説パト1

ニューヨーク 秋 「チンー」目覚まし時計が大きい声で響いていた。金聖義は、ベッドから手を伸ばし、時計のボットンを押した。時計は「5:30」を示していた。「もうこんな時間か」と金さんが言った。昨夜は、11時まで会社で残り、今日の売り込むプレゼンテーションの準備を用意した。こ...
  •  
  • 259
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Feb 5, 2010 11:15
Sensei

小説のストールーラインサマリー

金聖義は、中国人でアメリカの大学に留学し、今ニューヨークの大手な金融会社で勤めている。企業財務課で保健医療会社のM&A組が担当している。仕事はうまく出来るし、大きな取引もいくつ成功した。仕事は忙しいので、あまり休むことが一年中にできなかった。 しかし、急に金融の世...
  •  
  • 271
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Jan 29, 2010 05:56
Sensei

プロポーズ大作戦

先週は暇だから、ネットで番組をたくさん見た。プロポーズ大作戦というのは少し見たら、すぐついに気にいた。 この話は、愛している幼馴染と他人の結婚披露宴で落ち込んている男が、過去に戻って恋をやり直すことだ。二人が十四年間ずっと一緒にいるのに、素直に気持ちを伝えたことは一度もな...
  •  
  • 224
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Jun 17, 2009 10:36
Sensei

インタビュー・プロジェクト

インタビュー・プロジェクト:日本の高校生活 1.序論 日本の高校生は勉強が大変だという話を聞いたことがある。教科書によると、日本の高校生の勉強時間がアメリカの高校生より何倍も多いようだ。でも、アニメやドラマなどで見た日本の高校生活は楽しいこともたくさんある。そこで見た高...
  •  
  • 328
  • 2
  • 1
  • Japanese 
May 12, 2009 06:55
Sensei

プレゼン

これから、日本の高校生活について発表したいと思います。 教科書によると、日本の高校生は受験で大変忙しいそうですが、私はドラマやアニメの中に日本の高校生活の楽しさもよく見たものです。そして、本当の日本の高校生活はどうなのかを興味を持つようになりました。また、自分の高校生活に...
  •  
  • 189
  • 0
  • 2
  • Japanese 
May 1, 2009 12:07
Sensei

小アンティル諸島への旅行

この春休みに、私はインターナショナル旅行のコースの先生と学生たちち一緒にカリビアンの小アンティル諸島へ行った。旅行の二週間で研究するために、みんなは旅行の前に独り言にプロジェクトを選べ、情報を調べた。私のプロジェクトは、公正取引のバナナ貿易がどんなようにそこのバナナ農業を変...
  •  
  • 515
  • 1
  • 3
  • Japanese 
Mar 22, 2009 11:35
Sensei

贈り物

僕は、去年日本に行ったとき、お茶大のテニス部に参加した。毎週三回に練習をして、テニスをもっと上手になった。テニス部の人たちは、とても親切だった。日本にいた最後の日に、デニス部長からテニスボール一本もらった。上に、「これからもテニスを続いて頑張りましょう」を書いていた。この贈...
  •  
  • 196
  • 0
  • 3
  • Japanese 
Feb 28, 2009 07:38
Sensei

おすすめの映画

私のおすすめの映画は、こちらです。李安監督の「ラスト、コーション」という映画です。この映画は、張愛鈴の小説を映画化の作品です。映画は原作より、もっとロマンチックではないでしょうか。 張愛鈴は、三四十年代上海と香港の人々感情のことを詳し描いて有名です。「ラスト、コーション」...
  •  
  • 254
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Feb 15, 2009 05:53