大学生の恋愛観

  •  
  • 1117
  • 2
  • 1
  • Japanese 
Dec 6, 2011 13:55
  今、大学生の恋愛することはよくあります。もし卒業間際になって一度も恋愛することがなったら、人々はあなたの大学生生活は充実してなないみたいだと言われます。さらに、独特な考えを持っている人と考えます。ずっと以前、中国の大学では、大学生の恋愛することに反対する人が大勢いる。あの時、大学のキャンパスでは、先生たちいつも夜にキャンパスに行き来して、恋人をつかまえました。実は、18歳の大学生として、法律によると、自由に恋愛を選ぶ権力があります。学校はどうしてそんなことをするか、ただ学生に勉強を促すにすぎないんです。しかし、恋愛は大学生の他の科目に対処するはずです。ですから、恋愛したことはしないより大学生の成長に対して有益です。
  私は大学生の恋愛することに賛成です。
  大学生の恋愛することは学生の感情を吐き出すとか、心身が健康になるとかに役たちます。大学に入る前に、学生の生活はほぼ教科書や試験をいっぱいに入れました。いろいろなストレスがたまりました。異性についてたくさん感情にほとんど入りませんでした。大学に入ったあと、以前よりずっと緩めます。毎日、つまらない授業をしなければならんって、家族や久しぶりの友達を想います。きっと苦悩しています。恋愛は互いに心の内と悩みをすっかり打ち明けることができます。異郷にたった一人で、とても孤独な気持ちを軽くなります。
  恋愛は自信心が増えられます。恋愛しない人は恋愛経験を積んだ人と話し時、ぽかんとしてそこに聞くしかないんです。自分に対して自信を失うかもしれません。恋愛したら、一人身の友達の前に、いい気になれます。特に毎晩寮の相談会では、自身の経験を持って、いろいろな分かりやすい言葉を話して、理論は実際と結びつけて、人々に心から敬服されます。
  恋愛は働きに熱愛して衛生に気をつける習慣を育てられます。以前、たくさん汚い服の中で一つなかなかきれいなのを探して困ります。もし恋愛しているなら、その問題はやすく解決することができます。生まれてから一番はやく着替えて洗濯するのを始めます。自分の風格はっきりと向上させます。男の子も喜んで自転車で女の子を運転して引き受けます。
  周さんは恋愛は学業に影響を与えると言いました。私はそうおもいません。恋愛は学業に影響しなくて、勉強の効率を上げられます。愛は積極的に良い方向に使える原動力だけではなく、分担や責任です。恋人があったら、毎晩自覚して自習室に恋人の席をとって行きます。授業中小説を読んだりするとき、恋人は授業の要点などを書き写します。その旨味は試験の時必ず目に見えてあられします。団結は力なりですから。
  大学生の恋愛は生理心理が発展する必然の勢いです。青春期を越して成人期に入る大学生たちは異性を求めること尤もです。大学生の恋愛観の中では、ずっと正しなければいけません。今の大学生にとって、受けている影響とか多様化しています。恋愛について違い考えを持っている人が大勢います。そして、現在のキャンパスで、恋愛によって学業をおろそかにするとか、本末転倒の現象はどこでも見られます。ですから、私たちは大学生の恋愛を制止じゃなくて、どうやって大学生の恋愛に正しく教えるか、それは必要な注意だと思います。