Gay Marriages and Cultures同性婚と文化

  •  
  • 897
  • 11
  • 2
  • English 
May 19, 2012 06:54
I heard news about the President Obama supported gay marriage, and I think that he is brave, even if he is aware of the election.

"Obama says gay marriage stance ‘the right thing to do,’ courts women, gay, young voters in NYC" Washington Post By Associated Press, Published: May 15 (http://goo.gl/0tnxm)

I wrote about an entry about the gay society in Japan.

"Everyday Life in Shinjuku 2-chome: Gay People Aren't Special at All" (http://goo.gl/dQyRC)

Of course there is discrimination against gay people and some people hate them, but generally speaking Japanese society is relatively tolerant of gay people, because our religion have never prohibited homosexuality and Japan have a long tradition of it, which is called "衆道 shudo".

In the U.S., the problem about gay marriage is deeply related to Christianity and it's always quite dangerous to state about the problems about religion, because some people are intolerant.

I think that PACS in French is a quite wise solution against this problem.

"Civil solidarity pact" Wikipedia (http://goo.gl/EUP7)

PACS has secularized marriage. A gay couple can get right almost equivalent to marriage, and they don't conflict with religious principle of Christianity.

I don't know the reason, but in Japan most people and politicians have no attention to the problem about gay marriage. As I wrote, Japan has the long tradition of homosexuality, but it has been completely out of marriage. They couldn't even imagine a marriage between same sex partners.

I heard that some gay couple in Japan became a father and a son in low because they wanted to ensure the succession of property to each other. If they live in French, they must use PACS.

But even PACS doesn't allow any consanguineous marriage, bigamous marriage and plural marriage. If they are spontaneous, I can't understand what is the problem.

I support gay marriage, consanguineous marriage, bigamous marriage and plural marriage!


オバマ大統領が同性婚を支持したというニュースを聴き、仮にそれが選挙を意識したものであっても勇気があると思った。

日本のゲイソサエティに関するエントリーを書いたことがある。

もちろん、ゲイへの差別はあり、ゲイを嫌っている人もいるけれど、一般的にいえば日本は比較的ゲイに寛容である。それは、宗教がホモセクシュアルを禁じていなかったし、「衆道」と呼ばれるホモセクシュアルの長い伝統があったからである。

アメリカ合衆国では、同性婚の問題はキリスト教と深い関係があり、宗教に関する問題について発言することは、不寛容な人が存在するから非常に危険である。

フランスのPACSはこの問題に関する賢い解決法だと思う。

PACSは結婚を世俗化した。ゲイのカップルは、キリスト教の教義に抵触することなく、結婚とほぼ同じ権利を得ることができる。

理由はわからないけれど、日本ではほとんどの人、政治家が同性婚の問題に関心がない。上記のように、日本ではホモセクシュアルのな外伝統があるけれど、それらは完全に結婚とは無関係である。彼らは、同性間の結婚ということは想像すらできない。

日本のゲイのカップルは、お互いの遺産相続を確実にするために、養子縁組を結ぶということを聞いたことがある。もし、フランスで生活していたら、確実にPACSを利用すると思う。

しかし、PACSですら、近親婚、重婚、複数婚は許容していない。もし自発的なものだったら、それらがなぜ問題なのか私は理解できない。

私は、同性婚、近親婚、重婚、複数婚を支持します!