We often omit "you" and "I".

  •  
  • 1087
  • 4
  • 2
  • English 
Feb 28, 2011 01:08
I wrote that there are a lot of words that mean "I" or "you" in Japanese.
However, we often omit them.
When we think that a listener can guess, we omit "I" and "you".
This is natural in Japanese.
「まだ帰らないの。(Don't you leave yet?)」
「もう帰るわ。(Yes, I am going to leave.)」
「じゃあ、一緒に食事をしないか。(Then, How about having dinner with me?)
「いいわね。どこに行くの。(That sounds nice. Where shall we go?)」
「おいしいところを見つけたんだ。(I have found a good restaurant.
そこに行こうよ。(Let's go there.)」
There is completely neither "You" nor "I" in the conversation.
We often omit "you" and "I" like this.


日本語には「僕」と「あなた」を意味するたくさんの言葉がある、と僕はかきました。
しかし、一番多いのは、それらを省略することです。
私たちが聞き手が推測することができると思った場合、私たちは「僕」や「あなた」を省略します。
それが自然な日本語です。
「まだ帰らないの」
「もう帰るわ。」
「じゃあ、一緒に食事をしないか。」
「いいわね。どこに行くの。」
「おいしいところを見つけたんだ。
そこに行こうよ。」
これらの会話に「あなた」や「私」は全く含まれていません。
日本語ではこのように「あなた」や「私」を省略することの方が多いのです。