20140518グリーンタウン、理想主義者の崩壊と再生

  •  
  • 357
  • 1
  • 1
  • Japanese 
May 19, 2014 01:50
2014年5月、僕の勤めている不動産会社グループのグリーンタウン(GREENTOWN)がひどい状態を抱えている。グループのリーダである宋衛平氏は、自分がずっと持ってきたシェア(30%未満)を融創グループ(リーダが友達の孫宏斌氏)に売ったことになって、マスコミいやこの社会全体に大勢な注目を引いた。



今年も60歳を過ぎる宋衛平氏は、学生時代に既に莫大な理想を抱えていて、この社会にビューティー連れて行く。歴史学の専門を卒業する後、教師という職業に不満、そして、パートナーたちと一緒にこのグリーンタウンを創立したのは、も二十年あまり前のことだ。



極端な理想主義者としての宋氏は、昔からこの会社にとって、リーダである同時に、むしろ教祖というものだ。会社を発展、運営することはもとより、日々の仕事隅々も彼の関心に含まれている。その中、最も気になるのは、この会社から産まれる建物の品質に違いない。グループに就職したただ一年間ぐらいの僕は、仕事の原因で、数回、宋氏の主催する会議を参加した。彼の様々

で厳しい叱責は、もはや業界で有名で、今でも、鮮やかに目に映っている。それにしても、避難された人々は、誰にもずっと彼を中心にして、この会社をよくするために、自分の汗を流す。



グリーンタウンの建物は、不動産業界で一流だと言っても過言ではない。別荘、集合住宅、マンション、病院、学校、ホテル、ビルなど、どれでも素晴らしい建築業産品、いや、むしろこの町の芸術品というものだ。優れた設計、材料、工程技術、管理に合って、値段も平凡な人に高すぎがっている。それでも、宋氏と初めとする会社全員も単純にこの町のために、魂が含まれているものを造り続けている。



もう少しで業界のトップを切ったこの会社は、数年前、不動産業の過度開発の背景、中国大陸中央政府のコントロール政策で、莫大な危機を合った。貧富の差がもっと拡大されるのを恐れた共産党政府は、金融、行政、法律といった手段で、不動産を買いたい国民たちに厳しい制限を制定した。その結果、グリーンタウンの不動産商売はすぐに渋滞になった。それにしても、一年、二年、全員も一切な方法を使って、商売のスピードを上げて、今でも、生存できる。



まだ生存ができ、資金も大丈夫、それで、宋衛平氏は何故自らつくられた帝国をほかの人に渡す。本当の原因は、多分、わずかな言葉で説明できない。もし、本当に年を取って、体力不足。それとも、この町を美しくするという自分の夢が実現できないという事実を意識した。または、この事業が本来一つもの、立派な人は主宰できるはずだ(天下本一家,有德者掌之)と思った。



グリーンタウンが、これからどうになるのは、だれでも分からない。楽観な人も、ブランドを心配する人もいる。僕にとって、グリーンタウンがもう単なる会社ではなく、一種の理念とか態度だ。確かにこの理想主義者が現在現実に負けたが、われわれがこの絆を肝に銘じれば、この町を変えるのは、絶対夢ではない~

グリーンタウンの建築 http://user.qzone.qq.com/289781928/blog/1400431057